PR

Windows ストア アプリ初めの1歩

2014年4月29日(火)
薬師寺 国安

前回はWindows ストア アプリとはどんなものであるか、また開発環境の構築はどうするかについて解説しました。今回からいよいよ実際にWindows ストア アプリの作成に入っていきます。できる限り意識して初心者の目線でこの記事を書いていくつもりです。なお、この連載はWindows ストア アプリ プログラミングの初心者を対象としていますが、必ずしもプログラムの初心者が対象ではありません。そのため、変数やプロパティ、メソッドの意味はすでに理解している前提で解説しています。

VS2013でプログラムを書くには?

では今回もプロジェクトを作成するところから始めましょう。VS2013を起動させる手順とプロジェクトの作成方法は第1回で解説しているので、そちらを参考にしてください。プロジェクト名は「BeginnersApp」としました。

プログラムをするためには、ツールボックスからコントロールをドラッグドロップしてデザイン画面上に配置し、そのコントロールをダブルクリックするとイベントコードが表示され、その中にコードを書けばいいところまでは解説しました。

まず最初に、ソリューションエクスプローラー内のMainPage.xamlをダブルクリックしてデザイン画面を起動させることが、第一歩の始まりです。ソリューションエクスプローラーからMainPage.xamlをダブルクリックしたのが、図1の画面です。

図1 MainPage.xamlのデザイン画面(クリックで拡大)

最初のサンプルとして、Windows ストア アプリがアクティブになった時に、プログラムの定番である「Hello Windows Store App!」と表示させてみましょう。「Hello Windows Store App!」と表示させるためには、その表示させるコントロールを配置しなければなりません。この場合はツールボックスから「TextBlock」コントロールを、デザイン画面上にドラッグドロップします。ドラッグドロップしたら表示されている小さな■をドラッグして適当な幅と高さに設定しておきます(図2)。するとXAML画面内にもTextBlockのコードが追加されます。

TextBlockコントロールは文字列や数値を表示させることができるコントロールです。

図2 ツールボックスからTextBlockコントロールをドラッグドロップして、適当な幅と高さに設定した(クリックで拡大)

第1回ではデザイン画面に配置したButtonコントロールをダブルクリックして、コントロールのイベントコードを表示させましたが、今回はTextBlockコントロールをダブルクリックして「Hello Windows Store App!」と表示させるわけではないので、コードエディタ画面を表示させます。ソリューションエクスプローラー内のMainPage.xamlを展開してMainPage.xaml.vbを表示してみましょう(図3)。

図3 MainPage.xaml.vbをクリックしてコードエディタ画面を表示した(クリックで拡大)

Windows ストア アプリがアクティブになった時の処理は、下記のリスト1のコードの中に記述します。

リスト1 Windows ストア アプリがアクティブになった時の処理

    Protected Overrides Sub OnNavigatedTo(e As NavigationEventArgs)
        MyBase.OnNavigatedTo(e)
    End Sub

図3の7行目にあるInherits Pageの下に、「P」と入力するとインテリセンス機能が働き、「P」で始まるコードが表示されます。そこでProtectedを選択し、半角スペースを空けて「O」と入力すると、「O」で始まるコードの候補が表示されるので、Overridesを選択しましょう。次に半角空けてSubと入力し、最後に「onn」と入力して表示されるOnnavigatedToを選択します(図4)。

ただし、VS2013の環境によっては、この通りに表示されるとは限らないので、注意してください。

図4 インテリセンス機能でProtected Overrides Sub OnNavigatedTo(e As NavigationEventArgs)プロシージャを作成する。(クリックで拡大)

この中にアプリがアクティブになった時に「Hello Windows Store App!」と表示させるコードを記述します。

図2でTextBlockコントロールを配置しましたが、テキストを表示させるには、このコントロールに名前を付けなければいけません。「名前」をMessageTextBlockとしましょう。MainPage.xamlのTextBlockコントロールを選択し、「プロパティ」の[名前]にMessageTextBlockと指定します(図5)。

図5 TextBlockコントロールのプロパティの[名前]にMessageTextBlockと指定した(クリックで拡大)

するとXAMLコード内のTextBlockにも図6のように

 x:Name=”MessageTextBlock”

という名前が追加されます。

図6 XAML内のTextBlockコントロールにもx:Name=”MessageTextBlock”が追加された(クリックで拡大)

これで、準備完了です。では先ほどのリスト1の中にリスト2のようにコードを書いてみましょう。

リスト2 TextBlock(MessageTextBlock)内に「Hello Windows Store App!」と表示させるコード

    Protected Overrides Sub OnNavigatedTo(e As NavigationEventArgs)
        MessageTextBlock.Text = "Hello Windows Store App!"
        MyBase.OnNavigatedTo(e)
    End Sub

コードを入力する際にもインテリセンス機能が働き「M」と入力すると「MessageTextBlock」が表示され、次に「.」を入力するとプロパティの候補が表示されるので、その中からTextを選択して、リスト2のように記述します。

これで、アプリがアクティブになった時に 「Hello Windows Store App!」と表示させるコードが完成しました。さていよいよ実行させてみましょう。「F5」キーを押下するか、VS2013メニューの[デバッグ]ー[デバッグ開始]をクリックすると、図7のように表示されます。

図7 アプリを実行して「Hello Windows Store App!」と表示された(クリックで拡大)

確かに表示はされました。しかし、文字があまりに小さく、なんと表示されているのか判別し辛いです。これはTextBlockコントロールに何のプロパティも設定していないために、このように表示されたのです。プロパティは、そのコントロールの見栄えを設定する際に使用します。この場合は、文字サイズをもっと大きく、文字色も目立つ色に、書体ももっとかっこいいものを選んだ方がいいでしょう。

  • Buttonクリックで「Hello Windows Store App!」と表示するサンプル

    『Windows ストア アプリ100行プログラミング』 第2回のサンプルプログラムです。
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています