PR

OpenStackの最新安定版Junoでデータプロセッシングが正式コンポーネントに採用

2014年11月4日(火)
鈴木 教之(Think IT編集部)

10月27日に開催された日本OpenStackユーザ会 第19回勉強会でNECの吉山氏が登壇し、OpenStackの最新安定版であるJunoのアップデートの内容について解説した(写真はオープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fallでの講演時のもの)。

「Juno」はOpenStackプロジェクトの10番目の安定版となる。当初3ヶ月に1回のリリースだったが今は半年に1回に変更されている。リリース名はアルファベット順になっており、OpenStack最大のイベントであるOpenStack Summitの開催地の近くの地名になることが多いそうだ。

Junoアップデートでは、340個以上の修正が実施された(30個の育成プロジェクト含む)。最大の変更点は、データプロセッシング機能を提供する「Sahara」が正式コンポーネントとして迎えられた点にある。これで正式コンポーネントは10個から11個に増えている。次の図はJunoリリースにおける開発貢献度(ここではレビュー数)をグラフ化したものだ。HP、Red Hat、Mirantisの順となっているが、正式コンポーネントや育成コンポーネント別に見ていくと順位に変動があり、各社の色が出ていて面白い。

出典:Stackalytics

今回新たに追加されたSaharaは、ビッグデータ処理などHadoop as a Serviceとも言える機能を担うことになる(厳密にはHadoopだけではなくApache Sparkなど別の処理系も含む)。

なお、現在育成プロジェクトであるベアメタル機能のIronicだが、次回のKiloリリースで正式コンポーネントに追加されることが発表された。また、新たに3つの育成コンポーネントも進められている。

ここからは正式コンポーネントの開発ポイントについて掻い摘んで紹介する。各コンポーネントの相関関係は以下の図が参考になるだろう。

Dashboard機能「Horizon」:Saharaのサポートが追加され、メニューに「データ処理」というタブが増えている。またNeutronでは分散仮想ルーター機能が追加された。

Object Storage機能「Swift」:すでに安定している。今後はErasure Codingに対応していく予定。標準ではミラーリングをしている(オリジナル1ヶ所、レプリケーション2ヶ所)ため、総容量の3分の1しか使えない。RAIDのデータ冗長化のように、保存できるデータ量を大きくするための実装が進められている。

Compute機能「Nova」: 育成プロジェクトのIronic(ベアメタル)のためのドライバが追加された(もともとNova内に物理サーバーを扱う機能があったが、それがIronicとして分離された経緯がある)。また、Conductorの機能が増加しVMの作成などがSchedulerからConductorが扱うように変更されている。対応ハイパーバイザーでは、VMware ESXが廃止されvCenterに変更されている。

Image Service機能「Glance」: VMイメージに付与できるメタデータのカタログが定義された。柔軟性を確保しつつ独自ルールも定義できるようになった。

Networking機能「Neutron」: Open vSwitchで分散仮想ルーターが実装された、従来のゲートウェイ経由だったものをVMホスト間の通信を直通できることに。L3エージェントの冗長化構成が追加された。

Block Storage機能「Cinder」: 基本機能は大きく追加されることはなさそうだが、複数ボリュームの同時スナップショット、バックアップなどに対応。ストレージバックエンドのレプリケーションに対応したことなどが注目点である。

Identity機能「Keystone」:Keystone間での連携ができるようになった。

Telemetry機能「Celiometer」:複数の計測値に基づいた新しいしきい値の計測が可能に、負荷が高い機能毎に別のデータベースを選択しボトルネックを排除できるように。

Orchestration機能「Heat」: AWSのCancelUpdateStackと同等の機能が追加された。デプロイ失敗した状態からリトライできるようになる。

Database Service機能「Trove」: Neutronに対応、MongoDBのクラスタリングやMySQLのDBレプリケーションに対応。PostgressSQLのドライバが新たに対応されたのは日本ユーザーには朗報かもしれない。

Data Processing機能「Sahara」: 旧名サバンナからサハラへ。HadoopだけではなくApache Sparkなどに対応しプラットフォームが拡張されている。Apache Hadoop, Apache Spark, Cloudera Distribution, Hortonworks Platformなど。Intel Hadoopはプロジェクト終了とに伴い廃止されている。

吉山氏のスライドは以下URLで公開されている。
http://www.slideshare.net/yosshy/openstack-juno

著者
鈴木 教之(Think IT編集部)
株式会社インプレス Think IT編集グループ 編集長

Think ITの編集長兼JapanContainerDaysオーガナイザー。2007年に新卒第一期としてインプレスグループに入社して以来、調査報告書や(紙|電子)書籍、Webなどさまざまなメディアに編集者として携わる。Think ITの企画や編集、サイト運営に取り組みながらimpress top gearシリーズなどのプログラミング書も手がけている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています