PR

CentOSにインストールするWordPressパッケージの入手

2015年3月25日(水)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

WordPressの設定

wordpressディレクトリ下の所有権を変更する

Apacheからwordpressディレクトリ以下のファイルにアクセスできるようにします。最初のapacheは、ユーザー名、:apacheはグループ名、wordpressはディレクトリ名になります。

[root@www html]# chown -R apache:apache wordpress⏎
[root@www html]#

wordpressディレクトリに移動する

設定ファイルの編集のため、wordpress ディレクトリに移動します。

[root@www html]# cd wordpress⏎

WordPressの設定ファイルをコピーする

元の設定ファイルサンプルをコピーします。

[root@www wordpress]# cp wp-config-sample.php wp-config.php⏎
[root@www wordpress]#

WordPressのディレクトリについて

WordPressをどこに展開するかは、運用ポリシーに よりいろいろあるようです。ここでは、Apacheのド キュメントルートの下に、wordpressというディレ クトリを作り、そこに展開しています。CentOSでは、「/etc/httpd/conf/httpd.conf」 のDocument Rootに、デフォルトでは「/var/www/html」が設定 されています。他のOSでは、ドキュメントルートの ディレクトリ位置は異なります。

アクセス権について

WordPressを展開したwordpressディレクトリのア クセス権をchownコマンドで設定しています。この ディレクトリへのアクセス権をApacheに与えます。
chown[ユーザー[]:グループ ]ディレクトリ(ファイル)
-R は、再帰的(リカーシブ)に設定を行う(指定した ディレクトリ以下のすべてのディレクトリ、ファイル を対象としてアクセス権の変更を行う)ためのオプ ションです。

wp-config.phpの設定内容

wp-config.phpの設定は、WordPressのパッケージ に含まれる、wp-config-sample.phpに記述されてい る内容をコピーして使用します。WordPressのデー タベース名、MySQLデータベースのユーザー名、 MySQLのパスワードを設定します。

別のディレクトリにwordpressを設定する

WordPressをデフォルトのドキュメントルート以外 のディレクトリに設定したい場合、「/etc/httpd/ conf.d/wordpress.conf」を新たに作成し、別のディ レクトリを指定することができます。たとえば、「/var/ www/wordpress」にWordPressを展開したい場合 には、wordpress.confに以下の1行を設定します。

Alias /wordpress/ /var/www/wrodpress/

この設定後は、httpdを再起動してください。

WordPressの設定を変更する

wp-config.phpを編集していきます。

[root@www wordpress]# vi wp-config.php⏎

viが起動しました。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress'); (1)

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpress'); (2)

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'wordpress'); (3)
  1. 'database_name_here'を書き換え
  2. 'username_here'を書き換え
  3. 'password_here'を書き換え

保存して終了します。

Apacheを再起動する

WordPressの設定をApacheに反映して、再起動します。

[root@www wordpress]# service httpd restart⏎
httpdを停止中:                           [ OK ]
httpdを起動中:                           [ OK ]
[root@www wordpress]#
この記事のもとになった書籍
できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

大月 宇美 著/できるシリーズ編集部 著
価格:2,500円+税
発売日:2014年12月19日発売
ISBN:978-4-8443-3732-4
発行:インプレスジャパン

できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

本書では、WordPressの導入と運用について、これから始めたいと思っている方を対象に、基本から応用へ、作業や操作を少しずつ、着実に進めていけるよう解説しています。

Impress詳細ページへ

著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

CentOSにインストールするWordPressパッケージの入手 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。