PR

【マンガ】第24話 フリーランスのススメ(その16)~仲良し夫婦の秘訣、教えます!~

2017年7月16日(日)
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター(兼漫画家)、高田ゲンキが送るコミックエッセイ
『ライフハックで行こう!』、第24話です(第23話はこちら)。

今回は、仲良し夫婦でいつづけるための「秘訣」をお教えします!!――


reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

夫婦関係に正解は無い。しかし…

「毎日一日じゅう家の中でふたりで過ごしてるの? よくできるね!」

これは、結婚当初に友人知人からよく言われた言葉で、今でもたまに言われます。マンガでも描いたとおり(3ページ目)、僕たちは2006年に一緒に生活を始めてから今日に至るまで、ほぼこんな感じで朝から晩まで行動を共にしています。一般的な会社勤めの夫婦は日中別々に過ごし、一緒に時間を過ごすのは平日の夜と週末のみなので、僕らはそれよりもはるかに長い時間を一緒に過ごしているわけですが、それをストレスに感じたことはありません。そういう話をすると「その秘訣は?」と聞かれることが多いので、今回はその一端をマンガで紹介しました。

もちろん、夫婦によってその在り方はそれぞれですが、僕個人としてはパートナーに対して「一日じゅう一緒に過ごすのは無理…」と思ってしまう、今回のマンガに登場にするふみかちゃんのような感覚には、疑問を感じてしまうのです。たしかに一人の時間は良いものですが、「ふたりで居続けられない」ことと「ひとりの時間を持つ」ことは違うからです(ひとりの時間が必要な場合は、フリーランスでも話し合って時間を確保することは可能なはずです)。誰しも子どもの頃、結婚生活はもっと甘美なものだと想像していたと思いますし、パートナーと付き合い始めた時や結婚する時でさえ、「なるべくたくさんの時間を一緒に過ごしたい」と思ったはずです。しかし多くの場合、「それは理想論で、実際の結婚生活は違うのだ」というようなことを言う大人が増えていくのですが(先日も似たような話をTwitterのおまけマンガで描きました)、僕自身は経験を通して全くそんなことはなく、理想的な結婚生活は実現可能だと(特にこれから結婚する若い世代に向けて)伝えたくて、このエピソードを描きました。

ただし、「理想的」と言ってもケンカはするし、もちろん十数年前に付き合い始めた時のロマンチック(?)な感じとも違います。むしろケンカも人一倍するし、一緒に仕事をしている分、格好悪い部分や泥臭い部分も共有しなくてはいけない時もあります。しかし、そういった部分も含めて僕ら夫婦はなるべくたくさんのことを共有し、それらについて語り尽くし合える関係なのです。そうした共有や対話を経て僕らはお互いを唯一無二のかけがえのないパートナーと強く思えるようになり、これこそが(個人的には)「理想的な夫婦の在り方」だと思っています。そして、人生のうちの(おそらく)最も多くの時間を共にするパートナーと、こうした関係を築けることこそが、お互いの人生を豊かにする「ライフハック」にほかならないのです。

さて、シーズン2が始まり3回にわたってフリーランス夫婦について描いてきましたが、次回からは新展開です! …が、その前に、次回は連載一周年特別編をお送りします。お楽しみに!

【連載1周年特別編】第25話『ライフハックで行こう!』誕生秘話(前編)を読む


シェアしてください!

このマンガを読んで面白いと思っていただけたら、ぜひSNS等でシェアしていただけると励みになります!

また、過去のエピソードはこちらからご覧いただけます。

シェアはこちらから↓。

著者
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。ご意見、ご感想、応援のメッセージはこちらから。Twitter(@Genki119)でマンガ更新の告知や、おまけマンガを更新中! 是非フォローしてください!

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています