PR

【マンガ】第1話 僕らがベルリンに移住した理由

2016年8月8日(月)
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター(兼漫画家)、高田ゲンキが送るコミックエッセイ
『ライフハックで行こう!』、Think IT(本サイト)にて連載開始!


reactive-lightbend-platform
1

reactive-lightbend-platform
2

reactive-lightbend-platform
3

reactive-lightbend-platform
4

reactive-lightbend-platform
5

reactive-lightbend-platform
6

はじめまして、高田ゲンキです!

Think ITの新連載マンガ『ライフハックで行こう!〜Think IT Edition〜』第1話を読んでいただき、ありがとうございます! マンガでもお伝えしましたが、僕らはベルリンで生活しているフリーランスのイラストレーター夫婦です。

reactive-lightbend-platform

妻 美穂子と。ベルリンにて。

本稿を書くにあたり、僕と妻が写っている写真を探したのですが、予想に反してふたりだけで写っている写真が全然見つかりませんでした。実はふたりともカメラ好きで(特に美穂子はカメラオタク)、よくカメラを持って出かけるのですが、ふたりがそれぞれカメラを持って好きなものを撮ってしまうので、ふたりが写っている写真がないんですね……(そのうちマンガでカメラネタも描きたいと思ってます)。それで、苦し紛れに最近ベルリンの洋服屋さんのミラー越しに撮った写真にしました。

「洋服屋さんでこんなことをして、変に思われないのか?」とツッコミが入りそうですが、ベルリンという街は(良い意味で)変な人・面白い人があふれている街なので、このくらいの行動では誰も見向きもしません。日本では「ちょっと変な人」と思われることが多かった僕も、この街では「なんの変哲もない普通の人」になってしまうので、そこが居心地が良い部分でもあり、すこし悔しい部分でもあります。

ちなみに、この洋服屋さんは「COS(コス)」というH&Mのハイクラスブランドで、割と気に入っているのでよく行くお店です。欧州では既によく知られていますが、日本にはまだ2店舗(青山と横浜)しかありませんので、「他人と同じ服は着たくない」という人はぜひ一度行ってみてください。

『ライフハックで行こう!』シリーズについて

「ライフハック」という言葉はご存知の方も多いと思いますが、改めてその定義を下記に引用してみます。

情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群である。ハッカー文化の一つ。

wikipedia「Lifehack」より

Think ITにおいて“ハック”という言葉を用いるのはいささか身が縮みますが(笑)、僕自身は開発者ではないもののユーザーとしてIT(アプリやウェブサービス等)を誰よりも効率的に駆使し、そのアドバンテージを活かして生活や人生を最大限効率化している(つまり“ライフハックしている”)と自負しています。

『ライフハックで行こう!』というコンテンツは、そういったライフハック術そのものや、その結果としての海外生活の様子やベルリンで知り合った面白い人たちのことを描こうと思い立って今年から始めた僕のマンガプロジェクトで、既に自身のウェブサイト上で数エピソードを展開していたのですが、今回嬉しいことにThink ITでも連載させていただけることになった次第です。

Think ITで掲載するエピソードは「Think IT Edition」として、特にITに絡んだトピックを中心に、海外生活の様子なども織りまぜつつ描いていきたいと思っています。

隔週で月曜日に面白いコンテンツをお送りできるよう頑張って描いていきますので、どうぞよろしくお願い致します!

【マンガ】第2話 ベルリンのITスタートアップシーンがアツい!を読む

著者
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。ご意見、ご感想、応援のメッセージはこちらから。Twitter(@Genki119)でマンガ更新の告知や、おまけマンガを更新中! 是非フォローしてください!

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています