PR

【マンガ】第35話 フリーランスのススメ(その23)~そしてベルリンへ…~

2018年1月28日(日)
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター(兼漫画家)、高田ゲンキが送るコミックエッセイ
『ライフハックで行こう!』、第35話です(第34話はこちら)。

足かけ1年2ヶ月にわたってお送りしてきた「フリーランスのススメ」も今回で最終回です!――


reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

「フリーランスのススメ」はこうして生まれた

2016年11月にスタートし、番外編も含めると全26エピソードにわたってお送りしてきたこの「フリーランスのススメ」ですが、実はこんないきさつで始まったのでした。思い返してみると、それから今日に至る1年2ヶ月の間に、当初予想していたよりも遥かに多くの人にこのマンガを読んでいただき、たくさんの人と関わりを持つことができました。一時は妻の出産を機に休載も考えていたのに、つくづく人生の転機はどこにあるか分からないと思うと同時に、出産直後で非常にたいへんな時期だったにも関わらず背中を押してくれた妻には、感謝してもしきれません。

連載期間中、本当にたくさんの人から、「『フリーランスのススメ』を読んで、フリーランスの働き方に関心を持った」「今までフリーランスになりたいと思いつつためらっていたけど、このマンガを読んで独立を決心できた」等の声をいただき、そのたびにこの「フリーランスのススメ」を描いてよかったと思い、僕もまた励まされました。本当にありがとうございました。

『ライフハックで行こう!』の連載は今後も続きます!

そんなわけで、「フリーランスのススメ」は一旦これで完結です。しかし、「フリーランスのススメ」終了後も、『ライフハックで行こう!』の連載はまだまだ続きます! 前回もお伝えしたとおり、僕は「自分の人生を自分でコントロールすること」が「最大のライフハック」と考えており、そのための重要な要素としてこのテーマを描いてきましたが、逆に言えばフリーランスになれるかどうかはライフハックの一要素に過ぎません。なので、今後も引き続き他のライフハックをはじめ、このマンガを通してもっともっと僕の経験や考え等をシェアしていきたいと思っています。

僕の生涯を通してのライフワークである『ライフハックで行こう!』を、これからもどうぞよろしくお願いします!!

次回の第36話は3月11日(日曜日)更新予定です!

電子書籍、出ました!

『ライフハックで行こう!〜ThinkIT edition〜 僕らのベルリンライフ編』の電子書籍が出ました! 僕の視点から見たベルリンの魅力が詰まった一冊、是非お楽しみください!(本書はThinkIT掲載の1話〜8話に若干の加筆修正をしたものです)。

ご購入はこちらから!

シェアしてください!

このマンガを読んで面白いと思っていただけたら、ぜひSNS等でシェアしてしていただけると励みになります!

また、過去のエピソードはこちらからご覧いただけます。

シェアはこちらから↓
著者
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。ご意見、ご感想、応援のメッセージはこちらから。Twitter(@Genki119)でマンガ更新の告知や、おまけマンガを更新中! 是非フォローしてください!

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています