TOP業務システム> 「ネクストワイズ」でオープンソースソフトウェアを簡単導入




どこで使える、そのSaaS?
どこで使える、そのSaaS?

第2回:多数のアプリケーションを無償で提供「ネクストワイズ」

編者:シンクイット編集部
協力:ワイズノット   2007/10/12
1   2  3  次のページ
「ネクストワイズ」でオープンソースソフトウェアを簡単導入

   本連載では、ベンダー各社から提供されているSaaS(Software as a Service)ソリュージョンをカタログ形式で紹介していく。

   第2回の今回は、「ネクストワイズ」を取り上げる。

ネクストワイズとは

   「ネクストワイズ」は、ITビジネス情報を提供する「NEXTWISEポータル」とオープンソースを中心としたSaaSアプリケーションを揃えた「NEXTWISEアプリケーション」の2つから構成されている(図1)。

ネクストワイズトップページ
図1:ネクストワイズトップページ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   「NEXTWISEポータル」では、同社が運営するIT&ビジネス系フリーペーパー「NEXTWISE」と同様に、ITおよびビジネス情報や同社のセミナー情報などを提供している。

   SaaSとして提供されている「NEXTWISEアプリケーション」では、オープンソースソフトウェアを中心としたグループウェアや日報管理、営業支援といった、ビジネスに必要なツールを提供している。アプリケーションには無償のものと有償のものがある。サービスの特徴としては以下の表1の通りだ。

  • 導入しやすい無償提供プログラム
  • オープンソースソフトウェアを中心に、グループウェアや日報管理、営業支援、ワークフロー、社内コミュニケーションツールなどの機能を用意
  • 仮想化対応プラットフォームによる柔軟なSaaS環境を提供

表1:サービスの特徴

   また、サービスの概要は以下の通りだ(表2)。

社名 株式会社ワイズノット
サービス名 ネクストワイズ
サービス紹介URL http://nextwise.jp/
導入企業規模 大手企業(300億以上)
中堅企業(10億〜300億)
中小企業(10億以下)
適応範囲 プロジェクト管理、グループウェア、ワークフロー、SFA、社内コミュニケーションツール
クライアント側要件 対応Webブラウザ Internet Exploler 6.0(SP2)を奨励
RunTimeの有無
Windows Mobile機器の対応
携帯電話の対応
価格 無償(一部有償)

表2:ネクストワイズの概要

1   2  3  次のページ

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:多数のアプリケーションを無償で提供「ネクストワイズ」
「ネクストワイズ」でオープンソースソフトウェアを簡単導入
  ネクストワイズで提供されている機能
  NEXTWISEアプリケーション(有償版)
どこで使える、そのSaaS?
第1回 グループウェア「サイボウズ Office」をSaaSで使う
第2回 多数のアプリケーションを無償で提供「ネクストワイズ」
第3回 カスタマイズやアプリケーション構築が可能な「Salesforce」
第4回 小さくはじめて大きく育てる「SugarASP」
第5回 Human Resource Management SaaS「Lacrasio」
第6回 プラットフォーム上でアプリケーションを提供「Bizca」
第7回 SNSを中核としたWebツール「Social Tool Mart」
第8回 「KitASP Service Delivery Network」
第9回 採用前から採用後までをつなげる「採用奉行」