TOP業務システム> 企業で働く人々をサポートする「Lacrasio」




どこで使える、そのSaaS?
どこで使える、そのSaaS?

第5回:Human Resource Management SaaS「Lacrasio」

編者:シンクイット編集部
協力:ラクラス   2007/10/19
1   2  3  次のページ
企業で働く人々をサポートする「Lacrasio」

   本連載では、ベンダー各社から提供されているSaaS(Software as a Service)ソリュージョンをカタログ形式で紹介していく。

   第5回の今回は、「Lacrasio」を取り上げる。

「Lacrasio」とは

   「Lacrasio(ラクラスイオ)」は、Webワークフローおよび人事情報データベースをSaaSとして提供するサービスだ(図1)。

Webワークフローのメニュー
図1:Webワークフローのメニュー
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   従来のパッケージ製品の機能を完全に代替しながら、圧倒的に廉価・短納期での導入が可能で、しかも顧客の経営リソースを消費しないという特徴がある。メインターゲットとなるのは以下の表1の企業だ。

  • 人事情報データベース・ワークフローソフトの導入またはリプレースを検討中の企業
  • 人事情報管理/給与計算などのアウトソーシングの導入またはリプレースを検討中の企業
  • 多くのグループ企業を管理する人事シェアードサービスセンター

表1:Lacrasioのメインターゲット

   さらに企業の要望に応じ、これらのシステムを用いた人事情報管理および給与計算などの業務の代行サービスをオプションで提供する。主な機能としては、表2に代表される4種類がある。

  • WebワークフローをSaaSとして提供する「Lacrasio SaaS」
  • Lacrasio SaaSに加え、人事情報データベース管理を提供する「Lacrasio +DB」
  • Lacrasio +DBの機能に加え、人事情報管理/給与計算などの日常の人事業務をラクラスが一括代行するフルアウトソーシングサービス「Lacrasio +BPO」
  • グループ統合人事情報システムと給与計算業務の集中処理を実現するシェアードサービスセンター向けソリューション「Lacrasio for SSC」

表2:Lacrasioの主な機能

   Lacrasioのサービスの概要は以下の通りだ。

社名 ラクラス株式会社
サービス名 Lacrasio(ラクラスイオ)
サービス紹介URL http://www.lacras.co.jp/
導入企業規模 大手企業
(300億以上)
中堅企業
(10億〜300億)
中小企業
(10億以下)
適応範囲 人事情報データベース、ワークフロー
クライアント側
要件
対応Webブラウザ Internet Explorer 5.5以上
RunTimeの有無
Windows Mobile
機器の対応
携帯電話の対応
価格 Lacrasio SaaS:
導入時初期費用200万円〜、40万円/月〜
Lacrasio+DB:
導入時初期費用250万円〜、50万円/月〜
Lacrasio+BPO:
導入時初期費用300万円〜、60万円/月〜

表3:Lacrasioの概要

1   2  3  次のページ

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第5回:Human Resource Management SaaS「Lacrasio」
企業で働く人々をサポートする「Lacrasio」
  「Lacrasio」の特徴とは
  Lacrasioのコンポーネント
どこで使える、そのSaaS?
第1回 グループウェア「サイボウズ Office」をSaaSで使う
第2回 多数のアプリケーションを無償で提供「ネクストワイズ」
第3回 カスタマイズやアプリケーション構築が可能な「Salesforce」
第4回 小さくはじめて大きく育てる「SugarASP」
第5回 Human Resource Management SaaS「Lacrasio」
第6回 プラットフォーム上でアプリケーションを提供「Bizca」
第7回 SNSを中核としたWebツール「Social Tool Mart」
第8回 「KitASP Service Delivery Network」
第9回 採用前から採用後までをつなげる「採用奉行」