PR

Lab Managerを使用するための前提条件

2011年9月13日(火)
福留 真二

本連載で想定するシステムとネットワークの構成

本連載では、物理的な構成としては、図2のような環境を構築します。そのうち、ESX(i)、vCenter、ストレージの接続は事前に完了していることを前提としています。

図2:本連載で想定するシステムとネットワークの構成(クリックで拡大)

また、ESX(i)では、図3のようなネットワークが構成されていることを前提としています。

図3:ESXiネットワーク構成(クリックで拡大)

◆◇◆◇ ネットワーク構成についての補足 ◆◇◆◇

本連載では、ESXではなく、ESXiを使用しています。そのため、管理用にVMkernelポートを作成していますが、ESXを使用している場合は、サービスコンソールポートを作成してください。また、仮想マシン用のネットワークにvDS(分散仮想スイッチ:vNetwork Distributed Switch)を使用していますが、これはvSS(仮想スイッチ:vNetwork Standard Switch)でもかまいません。vSSではホストスパニングの機能が利用できませんが、それ以外の機能は同様に使えます。

また、vCenterのインベントリでは、vSphere Client画面(図4)に表示されるように、データセンター、クラスタ、ESX(i)、リソースプールが作成されていることを前提とします。

図4:vCenterのインベントリ(クリックで拡大)

本環境では、[datacenter]という名前のデータセンターに[cluster]という名前のクラスタを作成しています。またクラスタでは、VMware HA、VMware DRSを有効にし、ESXiを2台登録しています。さらに、クラスタには[pool1]や[pool2]という名前のリソースプールを作成しています。

◆◇◆◇ リソースプール作成の注意点 ◆◇◆◇

クラスタ内にリソースプールを作成するには、クラスタでVMware DRSの機能が有効になっている必要があります。VMware HAのみが有効になっているクラスタには、リソースプールを作成することはできません。リソースプールを作成できなくてもLab Managerは使用可能ですが、一部の機能が利用できないので、ご注意ください。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています