PR

Unityの環境構築と操作ガイド(後編)

2014年10月31日(金)
薬師寺 国安

モデルにMaterialを適用する

「Material」を作成するには、「Project」にある「Create」を選択し、表示されるリストから「Material」を選択します。すると「グレーの球体」が作成されますので、名前を「GreenColor」としておきましょう(図6)。

図6:「Material」の名前を「GreenColor」にした(クリックで拡大)

「GreenColor」を選択し、表示される「Inspector」の「Main Color」の、「白い空白」部分をクリックします。すると「Color」画面が起動しますので、「Green系統色」を選択してください。画面上の「グレーの球体」が「Green系統色」に変化します(図7)。

図7:「GreenColor」マテリアルの色が「Green系統色」に変化した(クリックで拡大)

図7の状態から、「GreenColor」マテリアルを「Cylinder」と「Cube」の上にドラッグ&ドロップすると、それらのモデルが「Green系統色」に変化します(図8)。

図8:「Cylinder」と「Cube」が「Green系統色」に変化した(クリックで拡大)

また「Material」には、画像ファイルも指定できます。「Project」の「Create」で新しい「Material」を作成し、「Image」という名前にしておきます。「Material」の「Image」を選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「Import New Asset」を選択します。するとローカルのフォルダーが表示されますので、適当な画像ファイルを選択してください。そうするとAssetsの中に、読み込んだ画像が表示されます(図9)。

図9:指定した画像ファイルがAssetsの一覧に表示される

次に「Image」マテリアルを選択し、「Inspector」内の図10の赤で囲んだ「Select」をクリックします。

図10:「Select」をクリックする

すると「Select Texture」の画面が表示され、先ほど読み込んだ画像も表示されています。ここで画像を選択すると、「Image」にその画像が適用されます(図11)。

図11:画像が適用された「Image」マテリアル(クリックで拡大)

この「Image」を「Plane」の上にドラッグ&ドロップすると、「Plane」に画像が貼り付けられます(図12)。

図12:画像が貼り付けられた「Plane」(クリックで拡大)

1個残った「Sphere」には、「Asset Store」からダウンロードした「Texture」を適用してみましょう。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています