PR

de:code 2019開催。自動運転車からMicrosoft 365、Azure、HoloLens 2までの基調講演まとめ

2019年7月11日(木)
高橋 正和

AIの新機能が多数

3つめのカテゴリーはAIだ。ホワイト氏は、学習済みやカスタムAIを利用できるAzure Cognitive ServicesやAzure Machine Learningを挙げ、MicrosoftのAIへの投資と成果をアピールした。そのAzure Cognitive Servicesnoの新機能として、パーソナライズのPersonalizer、手書き認識のInk Recoginzer、文書からフォームを認識するForm Recognizer、対話を認識するConversation Transcriptionを紹介。Form Recognizerでは、カメラなどからの帳票画像から構造を分析してフィールドを認識できるという。また、Azure Cognitive Searchが一般提供開始となったことも紹介された。

Azure Cognitive Servicesnoの新機能

Form Recognizer

Azure Cognitive Searchが一般提供開始

Azure Machinne Learningでは、自動機械学習(Automated ML)のUIや、ワークフローのUIツール、MLops、FPGAによるハードウェア高速化が紹介された。

Azure Machinne Learningの変更点

そのほか、AzureのクラウドとエッジのハイブリッドでのAIの必要性にも触れ、その例として手術室のビデオを分析して医師が最適なタイミングで入れるようにするオリンパスの事例がビデオで紹介された。

オリンパスによる手術室でのAI利用の事例

Azure SQL Databaseサーバーレスなどデータベースサービスの新発表

4つめのカテゴリーは、データとアナリティクスだ。ホワイト氏はAzureのデータベースサービスについて、さまざまな種類がある中から好きなものを選べる柔軟性や、ダイナミックにストレージもメモリもスケールできることなどを特徴として語った。その中でまず新しく発表されたのは、Azure SQL Database Hyperscaleの一般提供開始だ。SQL Server互換で、無制限のスケールアウトに対応する。

Azure SQL Database Hyperscale

続いて、Azure Daabase for PostgreSQL Hyperscaleの新発表。最新バージョンのPostgreSQLとの互換性を持ち、無制限のスケールアウトに対応する。

Azure Database for PostgreSQL Hyperscale

Azure SQL Databaseサーバーレスも新発表された。使ってないときには休止にでき、利用した分にのみ課金される。

Azure SQL Databaseサーバーレス

エッジについては、Azure SQL Database Edgeが新発表された。ARM CPUに最適化され、WIndowsとLinuxに対応するほか、時系列データにも対応する。「これによってハイブリッドが拡張される」とホワイト氏は語った。

Azure SQL Database Edge

グローバル分散データベースのAzure Cosmos DBの新機能としては、SparkのビルトインやJupyter Notebookのビルトインなどが発表された。また、コカコーラのCosmos DB利用事例をビデオで紹介。グローバルに分散した膨大なデータを瞬時に分析できるという。

Azure Cosmos DBの新機能

コカコーラのAzure Cosmos DB利用事例

そのほか、アナリティクスの分野では、クラウドネイティブなデータウェアハウスであるAzure SQL Data WarehouseについてTPC-Hベンチマークの結果を交えて性能と費用対効果を主張。また、セルフサービスBIのPowerBIについても、ユニリーバの事例を交えて紹介した。

Azure SQL Data WarehouseのTPC-Hベンチマーク結果

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています