PR

米Microsoftが「Visual Studio Code」(β)をオープンソースで公開、米国Netflix社がオープンソースのクラウド管理ツール「Spinnaker」をリリース、ほか

2015年11月20日(金)
吉田 行男
米国Microsoft社は18日、コードエディタ「Visual Studio Code」のβ版をオープンソースで公開したと発表しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

そろそろ秋が深まって、北海道では天気予報に雪マークが見られるようになり、最低気温も氷点下を記録するようになってきました。また今年の11月は例年になく多雨で、この時期の雨を「山茶花梅雨」と呼ぶそうです。そろそろ冬の到来を感じさせる頃ですね。

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

「IIJ GIO統合運用管理サービス」が統合監視ソフトウェア「Zabbix」に対応

インターネットイニシアティブ(IIJ)社は16日、ユーザー企業の複数システムを一元的に監視・運用する「IIJ GIO統合運用管理サービス」において、外部システムと連携可能なAPIを開発し、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」との連携を開始したと発表しました。今回、同サービスにおいてAPI機能を利用したZabbixとの連携が可能になり、現状のシステム監視環境を変更することなく、IIJ GIO統合運用管理サービスの監視対象に含めることができ、複数あるサーバーの監視アラートの統合的な運用や、監視アラートのレポートをサービスポータルで参照できるなど、システム全体の効率的な運用を行えるとのことです。

(参照記事:http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/1117.html

米国Microsoft社、「Visual Studio Code」(β)をオープンソースで公開

米国Microsoft社は18日、ニューヨークで開催中の開発者イベント「Microsoft Connect(); 2015」(以下「Connect();」)において、コードエディタ「Visual Studio Code」のβ版をオープンソースで公開したと発表しました。Visual Studio Codeは、同社が今年4月の開発者会議「Build 2015」で発表したWindows、Mac、Linuxで使用できる無償のコードエディタで、Gitによるソースコード管理、IntelliSense、コードリファレンス、デバッガなどの機能を搭載しています。また、米国Google社がオープンソースで公開している言語「Go」やPascal、F#など多数の言語をサポートしています。

(参照記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/19/news058.html

米CoreOS、コンテナの安全性モニタリング「Clair」をオープンソースとして公開

米国CoreOS社は13日、コンテナ向けの脆弱性検出ツール「Clair」をオープンソースで公開しました。Clairはコンテナのセキュリティ欠陥をモニタリングするツールで、API主導の解析エンジンを利用し、コンテナをレイヤ単位でスキャンし脆弱性データベースから既知の脆弱性を検出してユーザーに警告します。開発者はこれを利用して、継続的にコンテナの脆弱性をモニタリングするサービスを構築できるとしています。オープンソースで公開した理由は、インフラのセキュリティを改善するツールをすべてのユーザーとベンダーに提供することが重要だと考えているからです。

(参照記事:https://osdn.jp/magazine/15/11/16/150000

米国Netflix社、オープンソースのクラウド管理ツール「Spinnaker」をリリース

米国Netflix社は16日、Google、Microsoft、Pivotalと共同開発した新しいオープンソースプロジェクト「Spinnaker」をリリースしました。Netflixは、オープンソースベースの「Continuous Delivery」(継続的デリバリー)プラットフォームとしてSpinnakerをアピールしており、「Google Cloud Platform」やAWSおよび「Cloud Foundry」上でクラスタのデプロイメントと管理をサポートしています。

(参照記事:http://japan.cnet.com/news/service/35073683/

レポート「OSSプロジェクトに見る企業間の「協業と競争」は自転車ロードレース?
─「Enterprise User''s Meeting Japan 2015」レポート」公開

11月9日、The Linux Foundationは横浜で「Enterprise User's Meeting」を開催しました。このイベントは、エンタープライズ市場におけるLinux/オープンソースの活用事例を紹介するイベントで、この記事では詳しくレポートしています。その中でも、OpenDaylight Executive DirectorであるNeela Jacques氏のオープンソースプロジェクトに関する講演が興味深かったとのことで、IT業界の現状を自転車のロードレースという比喩を使い、差別化する以外の点では、始めはどんどんと協力し、最後には競争するという『協業と競争』が起こっていると説明していました。ここ数年は、特にこのような傾向が強くなってきています。

(参照記事:http://gihyo.jp/news/report/2015/11/1601

編集後記

今週は「第14回 北東アジアOSS推進フォーラム」が東京で開催され、筆者も参加してきました。
日本だけでなく中国および韓国からの方も含めて約150名が参加し、昼の大会だけでなく、夜にはお酒を酌み交わしながら海外の方々と交流することができ、大変有意義なイベントでした。

イベントのご案内
OSSウォッチ番外編 ~ 吉田行男と振り返る今年のOSS業界

Think ITで2014年11月7日に第1回が公開された「週刊OSSウォッチ」。本日11月20日公開分でなんと50回を迎えることになりました。
そこで、著者の吉田氏をはじめ、OSS関連のゲストをお呼びして今年1年を総括するイベントを開催します。

【開催概要】
開催日:2015年12月11日(金)
時間:19:30~22:00(19:00受付開始)
内容:
 (1)19:30~20:30 吉田さんご講演+OSS関係者パネルディスカッション(仮)
 (2)ラウンジでビアバッシュ!
会費:無料

参加をご希望の方は、下記イベントサイトよりお申し込みください。
http://connpass.com/event/396/

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています