TOPプロジェクト管理> 補足説明書




即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化
即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化

第5回:詳細設計書(後半)
著者:システムインテグレータ  梅田 弘之   2005/8/15
前のページ  1  2  3
補足説明書

   もっと複雑な処理内容で、本シート上に書き切れないような場合は図5の「補足説明書」に記述します。本シートはBL単位に記述します。標準テンプレートの様式では表し切れなかった処理内容を自由様式で書き加えます。
補足説明書
図5:補足説明書
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


バッチ処理フロー

   詳細設計書の記述対象には、画面や帳票のほかにバッチ処理があります。画面は「画面レイアウト」、帳票は「帳票レイアウト」というイメージ図を基本設計のアウトプットとしていましたが、バッチ処理の場合はその代わりに処理フローを記述することになります。

   図6はバッチ処理フローの例です。ここではフローチャート方式での記述となっていますが、どのようなバッチ処理となるかを図示できるのであれば、他の記述様式でもかまいません。とにかく、バッチ処理の概要をイメージで簡単に理解できることが大切なのです。

バッチ処理フローのサンプルテンプレート
図6:バッチ処理フローのサンプルテンプレート
(画像をクリックするとExcelファイルをダウンロードできます。/31.5KB)


画面遷移図

   機能設計書に含まれるドキュメントの説明はこれで完了です。画面、帳票、バッチ処理などの機能単位に、このテンプレートをベースに処理を記述していきます。最後にもう1つ、詳細設計フェーズで作成するドキュメント「画面遷移図」のテンプレートを紹介します。

   画面遷移図は文字通り画面の遷移(展開)を図で表したものです。図7は画面遷移図の例ですが、これを見ると「プロスペクト一覧」「プロスペクト登録」「見積一覧」「見積入力」などの各画面が、どのような遷移で呼び出されるかを直感的に理解できます。

   画面遷移図は対象となる画面を配置し、画面間の呼び出し関係を矢印で表します。ここでは"レベル"という階層の概念を用意しています。このように画面をレベルと対比させて図示することにより、奇妙な画面遷移になることを防止できます。

画面遷移図
図7:画面遷移図
(画像をクリックするとExcelファイルをダウンロードできます。/35.0KB)

コラム
モーダルダイアログとモードレスダイアログ

   一般的に、ある画面から別の画面を表示する場合には、新画面を閉じるまでは元画面を操作できない(モーダルダイアログ)と新・元の両方を平行操作可能(モードレスダイアログ)の2種類あります。業務処理などのようにわかりやすい操作を優先する場合は前者、ツールなどのように効率的な操作を行いたい場合は後者が用いられます。

   図7の例はモーダル方式だけなのでシンプルな矢印で表現しています。もしも画面によってモードレス方式も併用するようであれば、矢印の種類や色などによりどちらの方式で画面遷移するのかも補足説明することになります。
まとめ

   今回は、機能設計書の残りのドキュメントについて説明しました。オブジェクト指向、イベントドリブン型、MVC準拠という現代のアプリケーションに対応した様式になっていることが理解できたと思います。また詳細設計書の最後のドキュメントとして「画面遷移図」も紹介しました。

   次回は「テスト仕様書」などテスト工程における標準ドキュメントについて説明する予定です。

前のページ  1  2  3



著者プロフィール
株式会社システムインテグレータ  梅田 弘之
東芝、住商情報システムを経て1995年にシステムインテグレータ社を設立。 常駐・派遣主体の労働集約的な日本のソフトウェア業の中で、創造性にこだわってパッケージビジネスを行っている。 国際競争力のない日本のIT産業が、ここから巻き返しを図るための切り札は「プロジェクト管理」だと信じ、実践的なプロジェクト管理手法「PYRAMID」を自社開発している。


INDEX
第5回:詳細設計書(後半)
  機能設計書のドキュメント体系
  BL一覧表
補足説明書