PR

Flex Builder 3って何ができるの?

2008年7月2日(水)
高橋 義博

Flex Builder 3体験版をダウンロード

 Flex Builder 3は、アドビ システムズ社のWebサイトから体験版が無償提供(2008年6月現在)されていますので、Flex Builder 3をとりあえず使ってみたいという方は、こちらをダウンロード(http://www.adobe.com/go/tryflex_jp)して使ってみてください。本記事では、こちらのFlex Builder 3体験版を使用します。

 上記リンクからアクセスしますと、図2のように「Adobe ID」によりサインインを要求されますので、まだAdobeIDをお持ちでない方は、アカウントを作成してからサインインをしてください。アカウントの作成は無料となっております。

 サインインをすると、Flex Builder 3のダウンロード画面が表示されますので、環境に合った項目を選択し、ダウンロードボタンを押すとダウンロードが開始します。

Flex Builder 3体験版をインストール

 では、ダウンロードしたFlex Builder 3体験版をインストールしましょう(インストール前には必ず必要システム構成(http://www.adobe.com/jp/products/flex/systemreqs/)を確認してください)。

 ここからは、日本語Windows版による解説をしていきます。ダウンロードした「FB3_WWEJ.exe」を実行するとインストールが開始しますので、指示に従いインストール作業を進めてください。

 インストールが完了しFlex Builder 3体験版を実行すると、「Flex Builder 3のアクティベーション」ダイアログが表示されますので、「トライアル版を継続」ボタンを押してください。体験版としてFlex Builder 3が起動し、スタートページが表示されます。Windows Vistaでは、初めて起動する場合だけ、実行する際に「マウス右クリック→管理者として実行」から実行する必要がありますので、ご注意ください。

 スタートページ画面が確認できたら、インストールは完了です。では、早速Flex Builder 3を使ってみましょう。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています