TOP調査レポート> ミッションクリティカルな用途にPostgreSQLを適用する




オープンソースの適用可能性を示す
オープンソースの適用可能性を示す

第8回:PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
著者:SRA OSS  石井 達夫   2006/5/16
1   2  3  次のページ
ミッションクリティカルな用途にPostgreSQLを適用する

   PostgreSQLの導入が成功し、さらにミッションクリティカルな用途に適用しようとした際に、まず直面するのが可用性の問題だ。DBが止るとシステム全体のダウンにつながるため、DBの停止時間は可能な限り短くしたい。

   Webサーバであれば、複数のサーバを設置してロードバランサで管理すれば、比較的簡単に「止らない」Webサーバシステムを構築できる。だがDBの場合は、複数のDBサーバでデータの一貫性を保つ工夫をしない限り、同じ方法では対応できない。

   PostgreSQLの可用性を高める方法の中でも実績のあるのが、フェールオーバー型のクラスタだ。

   この方法では、2台以上のDBサーバが「共有ディスク」という、複数のシステムに接続された特殊なディスク装置を使用する。普段はどちらかのDBサーバが共有ディスクをマウントし、他のサーバはアクセスできない状態になっている。

   2台のサーバは互いに相手を監視する「ハートビート」信号を定期的に投げあっている。ディスクをマウントしている方のサーバがダウンすると、もう1台のサーバは共有ディスクをマウント、PostgreSQLを立ち上げて処理を続行する。この方法であれば、ダウンタイムを数分以内に止められる。

   PostgreSQL自体には、このような構成を組む機能はないので、外部ソフトが必要になる。このようなソフトは「HA(HighAvailabiliy)ソフト」と呼ばれることがある。

   オープンソースのものもあるが、実績という点では今のところ商用製品に軍配が上がる。

   SRAOSSでは、米スチール・アイ社が開発した「LifeKeeper」をLinux用に、NEC製の「CLUSTERPRO」をWindows用に使っている。


   PostgreSQLと商用HAソフトの組合わせにより、極めて安定した高可用性システムを構築できる。既存のPostgreSQLアプリケーションをそのまま移行できるのも魅力だ。

   商用HAソフトや共有ディスクが必要になるので、価格的には高くなるが、それでも商用DBを使う場合と比べれば安価といえる。


PowerGresPlusをカプコンが導入

   カプコンでは、オンラインゲームのサーバシステムに、このようなHAシステムを導入している。DBはSRAOSSが販売する「PowerGresPlus」という製品を使っている。PowerGresPlusは、商用DBのエンジンをPostgreSQLに組み込んだ製品。PostgreSQLのユーザーインタフェースを維持しながら、更新性能などに優れた特長を持つ。

   このシステムで面白いのは、DBサーバとしてはスタンバイ側になっている方が、逆にNFSサーバのホット側になっている点だ。単なるホットスタンバイだと、スタンバイ側のサーバが遊んでしまうのを、回避しているのだ。

   いわゆる「たすきがけアクティブ/アクティブ」構成になっており、普段でも2台のサーバを無駄なく使えるのだ。これにより、コンピュータリソースの有効利用と、信頼性の向上を両立させている(図1)。

HAシステムの構成例
図1:HAシステムの構成例

   共有ディスクを使ったHAシステムでは、共有ディスクが高価なだけでなく、万一、共有ディスクが破壊されたときにバックアップからDBの再構築を余儀なくされる。

   この問題に対処する方法の1つがレプリケーションだ。レプリケーションでは、2台以上のDBサーバを用意しておき、何らかの方法で2つのDBの内容を一致させる。一致させるタイミングによって、レプリケーションは「同期レプリケーション」と「非同期レプリケーション」にわかれる。

   PostgreSQLにレプリケーション機能はないが、OSSとして提供される以下のような実績のあるレプリケーションソフトが存在する。

1   2  3  次のページ

月刊ソリューションIT 書籍紹介
月刊ソリューションIT

本記事はリックテレコムより発刊されている「月刊ソリューションIT」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。本記事以外にも、ITを使って企業を進化させるための記事が多数掲載されています。ご購読は下記のリンクより行えます。

発行:リックテレコム  価格:年間購読料 12,234円/一部定価 1,224円

 ご購入はこちら
http://www.ric.co.jp/sol/
SRA OSS 石井 達夫
著者プロフィール
SRA OSS,Inc.  石井 達夫
SRAを経て、現在はSRA OSS,Incの日本支社長として、日本でのOSSビジネスを推進する立場にある。個人的にもPostgreSQLの開発、普及活動に取り組んでおり、名実ともにPostgreSQLを最強OSSDBにするのが夢。主な著書は「PostgreSQL完全攻略ガイド」など。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第8回:PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
ミッションクリティカルな用途にPostgreSQLを適用する
  Slony-I
  pgpool
オープンソースの適用可能性を示す
第1回 ユーザ企業におけるOSS浸透のカギはメインフレーム世代のSE
第2回 DB管理ツールを例にOSSの現在の実力を診断する
第3回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
第4回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その2
第5回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その3
第6回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
第7回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その1
第8回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
第9回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(前編)
第10回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(後編)
第11回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
第12回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
第13回 クライアントのOSとしてLinuxを検証する
第14回 バッファオーバーフローとサーバ側のセキュリティ対策を考える