TOP調査レポート> はじめに




オープンソースの適用可能性を示す
オープンソースの適用可能性を示す

第11回:OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
著者:イーシステム  芝 国雄   2006/6/23
1   2  3  次のページ
はじめに

   OSSの普及はLinuxをはじめとするサーバサイドのOSから、Webサーバ、メールサーバ、アプリケーションサーバ、RDB、それらの管理ツールやユーティリティソフトにまで広がった。さらに、クライアントのOSや開発ツール、業務系のパッケージソフトにまで広がりつつある。

   今後、開発・導入される業務システムでは、その計画段階においてOSSの適用性を検討するケースも増えるだろう。その場合、どのようなOSS製品が存在し、どのような機能があり、どのような長所、短所があるのかを調べる必要がある。そうした場合に、どのように情報収集し、どのような基準で選定したらよいかについて解説する。また後半では、Java開発者に不可欠なOSSのJavaフレームワークについて触れる。


LinuxベンダのWebサイトには使える情報が豊富に存在

   例えば、セキュリティ関連のOSS製品を探す場合、どういった製品が存在しているか把握しておく必要がある。それがわかっていなければ、まず製品を見つけることからはじめなければならない。

   GoogleやYahoo!などの検索サイトで「オープンソース」をサーチすると、途方もなく膨大な量のサイトがヒットする。これでは検索結果が多すぎて、目的の情報を探すことは難しい。

   そこで、セキュリティ関連のOSS製品を探す場合、検索エンジンを使うより、LinuxベンダのWebサイトを調べて欲しい。例えばレッドハット社の場合、「Red Hat Enterprise Linux」上で稼働が確認できているアプリケーションの情報が掲載されている。

   また、IT業界向けのポータルサイトや「SourceForge」も有効だ。

SourceForge
http://www.sourceforge.jp/

SourceForge(英語版)
http://www.sourceforge.jp/

   こうしたサイトでは、カテゴリごとにOSS製品が登録されている。その数は大量だが、安定性といった製品の簡単な評価や機能、ライセンス形態、稼働環境、既にわかっているバグ情報などを、一覧で見ながら探すことができるため、大変便利だ。

   さらにOSS製品の中には、それ自身で専用のWebサイトを設けているものもあり、さらに詳しい製品説明や今後の製品計画などもわかる。これらの情報も、GoogleやYahoo!を使って製品名で検索すれば見つけられるだろう(図1)。

OSS製品の効率的な探し方
図1:OSS製品の効率的な探し方

   こうして、どのような製品があるかが把握できたら、その中からいくつかの候補をピックアップしていく。その際には、次項からあげるようなことをチェックしてほしい。

1   2  3  次のページ

月刊ソリューションIT 書籍紹介
月刊ソリューションIT

本記事はリックテレコムより発刊されている「月刊ソリューションIT」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。本記事以外にも、ITを使って企業を進化させるための記事が多数掲載されています。ご購読は下記のリンクより行えます。

発行:リックテレコム  価格:年間購読料 12,234円/一部定価 1,224円

 ご購入はこちら
http://www.ric.co.jp/sol/
イーシステム株式会社 芝 国雄
著者プロフィール
イーシステム株式会社  芝 国雄
グプタ事業部 部長
1995年、日本グプタ(現イーシステム)入社。米グプタ社製品の統合開発ツールの「Team Developer」、RDBMSの「SQLBase」といった製品の日本語化をはじめ技術支援や販売、マーケティング業務に従事。主に、ユーザ企業のシステム開発の現場で、システムの設計に関わる事前調査や助言などの上流工程から、プログラミング時のトラブルシューティングまで、幅広く支援していた。2000年4月、携帯電話を活用したワイヤレスソリューション事業の立ち上げに従事。2001年、グプタ事業に専念し、現在に至る。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第11回:OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
はじめに
  既に発見されているバグ情報
  OSSと「フリーソフトウェア」の関係は?
オープンソースの適用可能性を示す
第1回 ユーザ企業におけるOSS浸透のカギはメインフレーム世代のSE
第2回 DB管理ツールを例にOSSの現在の実力を診断する
第3回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
第4回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その2
第5回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その3
第6回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
第7回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その1
第8回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
第9回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(前編)
第10回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(後編)
第11回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
第12回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
第13回 クライアントのOSとしてLinuxを検証する
第14回 バッファオーバーフローとサーバ側のセキュリティ対策を考える