TOP調査レポート> 前回より




オープンソースの適用可能性を示す
オープンソースの適用可能性を示す

第6回:OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
著者:ニユートーキヨー  湯澤 一比古   2006/4/24
1   2  3  次のページ
前回より

   前回はOSSのビジネスのあり方について、セルベッサを例にして説明してきた。引き続き今回もオープンソースをビジネスで活用することについてのメリットを解説していく。
オープンソースそのものがユーザメリットを保有

   OSSを選択するということは、上記のような安心感を手に入れることだ。オープンソースはこれ以外にも、以下のような内在的な優位性を持っている。


ソフトの原価低減

   確かに、ソフトの開発には多額の費用がかかる。ただし、ソフトを提供する側のコストの中で、多くの部分はサポートに費やされている。そして、それよりも多くの費用が、製品の広告や営業のために使われている。もちろんこれらの費用は、結果的にはソフトの購入者が負担することになる。

   確かに、企業で業務に使うなら、手厚いサポートや無誤謬性が要求されるかもしれない。だが、ホームユースや個人事業に近い環境での利用者にとって、装備している機能が同じなら、サポート力よりも安価である方が重要だ。その点オープンソースでは、サービスや検証は製品と別に提供されるので効率的だといえる。


囲い込みからの脱出

   IT企業では数年前まで、ごく普通に「顧客の囲い込み」という言葉が使われていた。多くの大手IT企業が独自仕様にこだわったのは、この囲い込みを狙っていた部分も大きい。一度手を染めてしまうと、他ベンダーの製品に簡単には乗り換えられないという呪縛に、苦しんだユーザも多かったのではないか。

   オープンソースを使っていれば、この「囲い込み」から、少し遠い所に身を置くことができる。

1   2  3  次のページ

月刊ソリューションIT 書籍紹介
月刊ソリューションIT

本記事はリックテレコムより発刊されている「月刊ソリューションIT」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。本記事以外にも、ITを使って企業を進化させるための記事が多数掲載されています。ご購読は下記のリンクより行えます。

発行:リックテレコム  価格:年間購読料 12,234円/一部定価 1,224円

 ご購入はこちら
http://www.ric.co.jp/sol/
株式会社ニユートーキヨー 湯澤 一比古
著者プロフィール
株式会社ニユートーキヨー  湯澤 一比古
財務部情報システム室 室長。53年東京生まれ。
75年にニユートーキヨーに入社。8年弱のウエイター経験を経て、システム担当に就任。ニユートーキヨーが「セルベッサ」をオープンソースとして発表した時に、システム担当者として初めてOSSに触れる。現在、同社のシステム室長。OSCARアライアンス、OSSAJなど、複数のオープンソース推進団体に参加。セルベッサ以外にも「ガラガラドア」や「オルット」などのオープンソースシステムを手がけている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第6回:OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
前回より
  透明性の確保
  オープンソースと企業
オープンソースの適用可能性を示す
第1回 ユーザ企業におけるOSS浸透のカギはメインフレーム世代のSE
第2回 DB管理ツールを例にOSSの現在の実力を診断する
第3回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
第4回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その2
第5回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その3
第6回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
第7回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その1
第8回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
第9回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(前編)
第10回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(後編)
第11回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
第12回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
第13回 クライアントのOSとしてLinuxを検証する
第14回 バッファオーバーフローとサーバ側のセキュリティ対策を考える