TOP調査レポート> セルベッサとは?




オープンソースの適用可能性を示す
オープンソースの適用可能性を示す

第3回:OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
著者:ニユートーキヨー  湯澤 一比古   2006/3/29
1   2  3  次のページ
セルベッサとは?

   「セルベッサ」と聞いてピンとくる読者はどれだけいるだろうか。

   セルベッサは、ニユートーキヨーが発表したオープンソースの食材受発注業務アプリケーションだ。テンアートニが受託開発し、1999年に完成。同年末にオープンソースソフト(OSS)として公開した。

   発表からしばらくは、「せっかくお金をかけて開発したソフトを、なぜオープンソースにしたのか?」と、かなり質問を受けた。当時は、「経営者に『布教は良いがお布施は貰うな』といわれたからです」「開発者のモラルアップと、その後のメンテナンスコストを考えて」などと答えていた。ところが今になって、理由を納得してもらえる、もっと簡単な方法があったことに気付いた。「魔法のお鍋」をプレゼントすればよかったのだ。


オープンソースでビジネスは本当に成立しないのか?

   魔法のお鍋とは、エリック・レイモンドのオープンソースに関するレポート3部作、「伽藍とバザール」「ノウアスフィアの開墾」の最後を飾る1冊だ。「いくら食べても食べ物が減らない魔法のお鍋」の昔話から、このレポートの題名を決めたという。

   このレポートは、オープンソースに関する「まとめ」になっており、ビジネスとオープンソースは決して相反するものではなく、十分に協調できるという、重要な提言になっている。

   筆者のオープンソースに対する考え方の大部分は、このレポートからの借り物のような気がする。ITを深く理解していなかった一介のユーザ企業のシステム担当者が、このような場所に記事を書くようになったのも、このレポートなくしてはありえなかっただろう。

   オープンソースは元々、プログラムソースの「自由」を主張する考え方や、それを具現化したソフト製品から生まれた。これは、リチャード・ストールマンの主張とアイデアが育てた世界だ。それ故に、オープンソースはストールマン自身が「フリーソフトウェア」と呼んでいる思想から派生した一派といえる。

   彼の主張は非常に先鋭的で、魅力「ソフトはすべて公共財となるべきだ」という。それゆえに、誰でも自由に使え、研究でき、修正可能で、配れるという4つの自由を保証しなければならないというのだ(図1)。

フリーソフトの4条件
図1:フリーソフトの4条件

   彼は、この4つを保証するライセンスまで、実際に作り上げている。誇り高く悪名高き「GPL」がそれだ。実際、ビジネスや金儲けには使えそうもないものだ。

   それでもレイモンドは、これでオープンソースをビジネスにできると主張した。そればかりか、オープンソースは「良い事」なのだから、普及のためにビジネスを育てなければならないと断言した。

   彼は、オープンソースのビジネスモデルを9つに整理している。筆者がこの必要性に気付くきっかけになった、重要な内容だ。

1   2  3  次のページ

月刊ソリューションIT 書籍紹介
月刊ソリューションIT

本記事はリックテレコムより発刊されている「月刊ソリューションIT」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。本記事以外にも、ITを使って企業を進化させるための記事が多数掲載されています。ご購読は下記のリンクより行えます。

発行:リックテレコム  価格:年間購読料 12,234円/一部定価 1,224円

 ご購入はこちら
http://www.ric.co.jp/sol/
株式会社ニユートーキヨー 湯澤 一比古
著者プロフィール
株式会社ニユートーキヨー  湯澤 一比古
財務部情報システム室 室長。53年東京生まれ。
75年にニユートーキヨーに入社。8年弱のウエイター経験を経て、システム担当に就任。ニユートーキヨーが「セルベッサ」をオープンソースとして発表した時に、システム担当者として初めてOSSに触れる。現在、同社のシステム室長。OSCARアライアンス、OSSAJなど、複数のオープンソース推進団体に参加。セルベッサ以外にも「ガラガラドア」や「オルット」などのオープンソースシステムを手がけている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
セルベッサとは?
  オープンソースに対する疑問と回答
  ネットスケープに見る目玉商品/市場位置の確保モデル
オープンソースの適用可能性を示す
第1回 ユーザ企業におけるOSS浸透のカギはメインフレーム世代のSE
第2回 DB管理ツールを例にOSSの現在の実力を診断する
第3回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
第4回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その2
第5回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その3
第6回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
第7回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その1
第8回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
第9回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(前編)
第10回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(後編)
第11回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
第12回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
第13回 クライアントのOSとしてLinuxを検証する
第14回 バッファオーバーフローとサーバ側のセキュリティ対策を考える