TOP調査レポート> はじめに




オープンソースの適用可能性を示す
オープンソースの適用可能性を示す

第12回:OSSのプロがいなくても大丈夫必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
著者:イーシステム  芝 国雄   2006/7/5
1   2  3  次のページ
はじめに

   前回は、オープンソースソフトウェアの探し方について説明してきたが、今回はフレームワークについて解説する。
フレームワークの目的は開発生産性の向上

   Javaでシステムを開発するエンジニアのために、オープンソースのJavaフレームワークについて解説したい。周知のとおり、最近ではオープンソースのJavaフレームワークが多くリリースされている(表1)。

Struts(ストラッツ) Javaを使用してWebアプリケーションのためのフレームワーク。MVC(Model、View、Controller)と呼ばれるソフトウェアの設計モデルを採用している。もっともよく知られたフレームワークの1つ。
JSF(Java Server Faces) 米サン・マイクロシステムズが中心となり開発しているWebアプリケーションのユーザインターフェースを構築するためのフレームワーク。ボタンやフォームなどのWebページを構成するコントロールをコンポーネント化し、ビジュアル開発環境が提供されているので、ドラッグ・アンド・ドロップでイベントドリブン型のWebアプリケーションを開発できる。
Tapestry(注) Java Server Pages(JSP)やVelocityの代替となる、スクリプティング環境を提供するパワフルなオープンソースで、JavaによってリーディングエッジのWebアプリケーションを作成できる。初心者でも熟練の開発者でも、興味をそそられるもので、Webデザイナと開発者の間の調和を図ろうとする魅力的なウェブフレームワークだ。
Turbine(注) VelocityあるいはJSPのWebアプリケーション構築用のModel-View-Controller(MVC)フレームワーク。Turbineには、いくつかのサブプロジェクト(Fulcrum、Torque等)があり、Fulcrumは有益なサービス群を含むフレームワーク、TorqueはRDBのオブジェクトリレーショナルツールを提供する(Torqueは、Apache DB Projectに移行し、Mavenは、Apache直下の独自のプロジェクトとなった)。
Cactus サーバサイドJavaコードのユニットテストのための、シンプルなテスト用フレームワーク。サーブレットやEJB、タグライブラリ、フィルタなどを含む。
HiveMind シンプルなJavaオブジェクト・インターフェースから複雑なアプリケーションを作成するフレームワーク。

表1:オープンソースのJavaフレームワークの適材適所

※注:
http://jakarta.jp/からの抜粋

   ここでは、Javaのフレームワークを選定する際のポイントをいくつか紹介する。

   まず、フレームワークを利用する目的を確認しておこう。「プログラムコードの再利用を容易にする」、「プログラムコードの品質を一定以上に保つ」などがあるが、結局のところ、最たる目的はシステム開発の生産性を向上させることにある。

   そのための施策の1つがプログラムコードの再利用であり、プログラムコードの品質を一定以上に保つことだ。これらが実現できれば、コードの可読性が高まり、システムのメンテナンス性や拡張性が向上。結果的に、システム開発の生産性が上がるわけだ。

1   2  3  次のページ

月刊ソリューションIT 書籍紹介
月刊ソリューションIT

本記事はリックテレコムより発刊されている「月刊ソリューションIT」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。本記事以外にも、ITを使って企業を進化させるための記事が多数掲載されています。ご購読は下記のリンクより行えます。

発行:リックテレコム  価格:年間購読料 12,234円/一部定価 1,224円

 ご購入はこちら
http://www.ric.co.jp/sol/
イーシステム株式会社 芝 国雄
著者プロフィール
イーシステム株式会社  芝 国雄
グプタ事業部 部長
1995年、日本グプタ(現イーシステム)入社。米グプタ社製品の統合開発ツールの「Team Developer」、RDBMSの「SQLBase」といった製品の日本語化をはじめ技術支援や販売、マーケティング業務に従事。主に、ユーザ企業のシステム開発の現場で、システムの設計に関わる事前調査や助言などの上流工程から、プログラミング時のトラブルシューティングまで、幅広く支援していた。2000年4月、携帯電話を活用したワイヤレスソリューション事業の立ち上げに従事。2001年、グプタ事業に専念し、現在に至る。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第12回:OSSのプロがいなくても大丈夫必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
はじめに
  フレームワークの設計思想を理解する
  生産性向上の評価は競合他社を対象にする
オープンソースの適用可能性を示す
第1回 ユーザ企業におけるOSS浸透のカギはメインフレーム世代のSE
第2回 DB管理ツールを例にOSSの現在の実力を診断する
第3回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その1
第4回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その2
第5回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その3
第6回 OSSはビジネスになるのか?「魔法のお鍋」を読み直す その4
第7回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その1
第8回 PostgreSQLを使い切るためのノウハウを徹底解説する その2
第9回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(前編)
第10回 PostgreSQL vs MySQL2つのDBMSを検証する(後編)
第11回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(前編)
第12回 OSSのプロがいなくても大丈夫!必要なソフトの情報はこうして探す(後編)
第13回 クライアントのOSとしてLinuxを検証する
第14回 バッファオーバーフローとサーバ側のセキュリティ対策を考える