TOPサーバ構築・運用> はじめに




VMware ESX Server サーバ統合ガイド
VMware ESX Server サーバ統合ガイド

第5回:SANブート

著者:デル   2006/8/16
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   今回は、VMware ESX Server 2.5.1環境化で、ファイバチャネルストレージ(DELL|EMC CXシリーズ)接続およびSANブート接続した際の、推奨構成を解説します。

SANブートとは

   SANブートは、サーバの内蔵SCSIやATAなどのHDDからのOSブートではなく、ファイバチャネルストレージのLUNよりOSブートを行う構成です。ファイバチャネルストレージにBootディスクを配置することで、サーバ障害が起こった際に、他のサーバに切り替えてOSブートを行うことが可能となり、早期の障害復旧を行うことが出来ます。

   また、ファイバチャネルストレージにBootディスクのLUNを配置しているため、高信頼性を確保することが可能となります。


VMware ESX ServerにおけるSANブート

   VMware ESX Serverは、Version2.5よりSANブートがサポートされています。サポートストレージおよび構成の詳細は、下記URLを参照ください。



DELL|EMC CXシリーズにおけるSANブートのサポート

   DELL|EMC CXシリーズでは、ストレージFlareコードにより構成・ドライババージョンなど、EMC社にて認定されています。詳細はEMC Support Matrixを参照ください。



VMware ESX ServerによるファイバチャネルストレージのPathの管理

   一般的なSAN構成は、HBA1枚に対して、複数のPathを確保(1:nのゾーン設定)してPathやI/Oの分散を行います。これは、Path障害に対してPathの切り替え(フェイルオーバー)やI/Oの分散(ロードバランス)を行うことが目的となっています。


VMware ESX Serverと一般OSでのPathの管理の相違点

   VMware ESX Serverは、単独でファイバチャネルストレージのPath管理機能を持っています。そのため、DELL|EMC CXシリーズで使用されているPowerPathとは、一部機能が違います。

  • ESX Path管理フェイルオーバー(Active/Passive)
  • PowerPathの管理フェイルオーバー&ロードバランス

表1:ESX PathとPowerPathの機能

   LUNはそれぞれストレージプロセッサ(以下SP)AおよびBに配置し各HBAよりデータアクセスを行っています。VMware ESX Serverの場合、Data1はHBA1より1つのPath(赤実線)よりアクセスしています。仮に、SPの障害でData1がSP_Bへ移動(Tress Path Data1 → Data2)した場合は、HBA1より切り替わりPath(青実線)でアクセスが継続されます(図1)。

VMware ESX Server
図1:VMware ESX Server

   それに対して一般OS(WindowsおよびLinuxホストを想定)は、Data1に対しては、HBA1および2の両方のPath(赤実線)からI/Oのロードバランスを行いながらアクセスいたします。また、同様にSP_Bへ切り替わった場合、Data2に対してHBA1および2の両方のPath(青実線)からアクセスが継続されます(図2)。

一般OS+PowerPath
図2:一般OS+PowerPath

1   2  3  4  次のページ

参考文献 VMware ESX Server サーバ統合ガイド
VMware ESX Server サーバ統合ガイド

本連載は2006年6月、デル株式会社が作成した「VMware ESX Server サーバ統合ガイド」の内容を抜粋し転載したものです。

本書はVMwareによる仮想化システムご検討中のお客様に配布しております。ご希望の方は、下記のURLのページに請求のあて先がございますので、ご連絡ください(数量限定で作成しておりますので、在庫切れの場合はご容赦ください)。

▽Dell | VMware アライアンス
http://www.dell.com/jp/vmware
デル株式会社
著者プロフィール
著者:デル株式会社
デルはスケーラブル・エンタープライズ戦略の重要な要素の1つとして、VMware社の仮想化技術を用いたサーバ統合ソリューションを提供しています。業界標準技術を採用した、デルのPowerEdgeサーバとDell | EMCストレージから構成されるハードウェアプラットフォームと、仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server」、仮想マシン管理ツール「VirtualCenter」、仮想マシンの無停止マイグレーション技術「VMotion」を組み合わせることにより、柔軟でコストパフォーマンスに優れるサーバインフラストラクチャが構築可能です。

http://www.dell.com/jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第5回:SANブート
はじめに
  VMware ESX ServerでのPath障害の動き
  VMware ESX ServerでのSANブート環境による問題
  DELL|EMC CX側の設定
VMware ESX Server サーバ統合ガイド
第1回 VMware関連基礎用語
第2回 仮想化環境の設計と物理サーバから仮想マシンへの移行方法
第3回 サーバの構成
第4回 インストール時の注意点とチューニングポイント
第5回 SANブート
第6回 ブレード・サーバへの導入
第7回 Dell PowerEdge 1855ブレードサーバのVMware VMotion性能
第8回 ブレードサーバで構築するVMware ESX ServerのVLANネットワーク
第9回 VMware ESX Serverの性能〜ベンチマークテスト
第10回 ブレードサーバのLAMP性能特性とサイジング(前編)
第11回 ブレードサーバのLAMP性能特性とサイジング(後編)
第12回 メール・プロトコル環境における仮想CPU(導入編)
第13回 メール・プロトコル環境における仮想CPU(仮想化CPU機能編)
第14回 メール・プロトコル環境における仮想CPU(リソース管理編)
第15回 デュアルコア・サーバによるVMware ESX Serverの性能向上