PR

iOSアプリ開発の準備

2011年4月15日(金)
北村 真二

Xcodeを起動する

SDKがインストールできればハードディスクの直下に「Developer」というフォルダができているはずだ。その中の「Xcode.app」というアプリケーションがiOSやMac OS Xの開発ツールだ。早速XCodeを起動しよう。

図6:DeveloperフォルダとXcode(クリックで拡大)

起動できたらFileメニューの「New Project...」で新しいプロジェクトを作成してみよう。まずこのようなウインドウが開く。1つお断りしておくと、ここでは現時点での最新であるXcode4にて解説しているが、今後の連載でのサンプルコードはXcode3を使用して作成する。

図7:新規プロジェクト作成(クリックで拡大)

右側にテンプレートがいくつか並んでいる。ここから必要なテンプレートを選んで新規プロジェクトを作成する。

Navigation-based Application
ナビゲーションコントローラーをベースにしたアプリケーションのテンプレート。複数のビューを左右にスライドさせて切り替えていくタイプのアプリケーションが作成できる。
OpenGL ES Application
OpenGL ESでの描画をベースにしたアプリケーションのテンプレート。OpenGLでの基本的なポリゴン描画のサンプルとなっている。
Split View-based Application
スプリットビューコントローラーをベースにしたアプリケーションのテンプレート。スプリットビューはiPadのみで使用できるUIだ。デバイスを横向きにした場合左右に分割されたビューが表示されている。
Tab Bar Application
タブバーコントローラーをベースにしたアプリケーションのテンプレート。画面下のタブボタンで複数のビューを切り替えていくタイプのアプリケーションが作成できる。
Utility Application
2つのビューコントローラーを切り替えるアプリケーションのテンプレート。モーダルビューを使って画面を切り替えるサンプルとなっている。
View-based Application
ビューコントローラーが1つ配置されたアプリケーションのテンプレート。最も基本的なテンプレートだ。
Window-based Application
ウインドウが1つだけ配置されたアプリケーションのテンプレート。最もシンプルなテンプレートだ。

必要に応じてテンプレートを選んでプロジェクトを作成するが、大抵の場合は「View-based Application」を選べばいいだろう。View-based Applicationでプロジェクトを作成するとこのようなウインドウが開く。

図8:新規プロジェクトウインドウ(クリックで拡大)

Xcodeはバージョン4からインターフェースが大きく変わった。Xcode4の大きな特徴はすべてが1つのウインドウ内で展開されるUIに変更された点で、各種設定などもよりグラフィカルに作業を行えるようになっている。Xcode3まではUIを作るInterface Builderが別のアプリケーションだったが、これもXcodeに統合され、1つのアプリケーションとなっている。

図9:インターフェースビルダー(クリックで拡大)

さて、これでiOSアプリの開発準備が整った。次回からは実際にゲームのコーディングについて説明していく。

STUDIO SHIN

家庭用ゲームの企画開発、Mac OS / iOSアプリの開発を主な生業とする。
20年ほど前から家庭用ゲーム開発に携わりファミコンからDS、PSP、Wiiまで幅広く開発。15年前からMac OS Xアプリケーションを開発「DotShotX」「GIFQuickMaker」などを公開。iPhoneアプリ「将棋盤」「DotTouch」「Rabbit Maze」などを開発。開発アプリはアップルのApp Storeで公開中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています