PR

vCenter Lab Managerの導入

2011年9月20日(火)
福留 真二

Lab Managerのカスタマイズ設定

初期設定時には限られた項目のみの設定しか実施できませんが、初期設定完了後にほとんどの設定はカスタマイズが可能です。ここでは初期設定後に設定、設定確認するべき項目を紹介します。

リソースプールの追加登録

ここでは、Lab Managerの管理下に置くリソースプールの設定を登録する手順を紹介します。初期設定時にはリソースプールは1つしか登録できませんが、複数のリソースプールを登録する場合は初期設定後に実施する必要があります。

[2-1]初期設定時に作成したアカウントでログインします。

図2-1:ログイン画面(クリックで拡大)

[2-2]ログイン後、左ペインで[Organization]下の[Manage]内にある[Resources]をクリックします。

図2-2:[Resources]をクリック(クリックで拡大)

図2-2の画面で表示されているのがLab Managerから使用可能なリソースプールです。この画面では、初期セットアップ時に指定したクラスタのみが登録されています。クラスタだけでなく、リソースプールを使用したい場合はリソースプールを追加で登録する必要があります。以下の手順は、リソースプールを追加で登録する必要がある場合のみ実施してください。

[2-3][Resource Pools]タブを選択して[Attach Resource Pool]をクリックします。表示された画面で、追加登録したいリソースプールを選択し、[OK]をクリックします。追加登録するリソースプールが複数ある場合は、この手順を繰り返してください。

図2-3:リソースプールを追加(クリックで拡大)

[2-4][Resource Pools]タブにリソースプールが登録されていることを確認します。

図2-4:リソースプールの追加を確認(クリックで拡大)

以上でリソースプールの設定は完了です。これにより、Lab Managerから仮想マシンをデプロイするときに、デプロイ先としてクラスタのみでなく、リソースプールも指定することが可能になります。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

vCenter Lab Managerの導入 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。