PR

Bing Mapsで地図を表示させよう

2014年6月3日(火)
薬師寺 国安

今回はBing Mapsの使い方について勉強しましょう。Bing Mapsとは、図1のように緯度・経度で指定した位置が表示され、各施設の場所等も表示できる大変に便利な地図です。

このように便利な地図ですが、VS2013にもともと備わっているコントロールではありません。VS2013でBing Mapsを使用可能にするには、「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」をインストールする必要があります。しかし、これをインストールしたからと言って、すぐに使用できるというものでもありません。Bing Mapsを正しく利用するにはBing Mapsキーを取得して、Bing Mapsコントロールに指定する必要があります。このキーを指定していないと、地図に警告メッセ—ジが表示されて使用できません。

今回は、住所を入力するとその位置にズームインしてプッシュピンを立てるサンプルを紹介します。では、このBing Mapsを使用可能にするところから解説していきましょう。

まずは、いつもの通りプロジェクトを作成します。今回の「名前」は「Bing Maps Sample」としました。

図1 Bing Mapsの地図を表示した
図1 Bing Mapsの地図を表示した

まず、「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」をインストールします。

「拡張機能と更新プログラム」から「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」のインストール

VS2013のメニューの[ツール]ー[拡張機能と更新プログラム]と選択し、表示される画面の左から、「オンライン」を選択します。右隅上の検索欄に「Bing Maps」と入力すると項目に「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」が出てくるので「ダウンロード」をクリックします。

「ダウンロード」が完了するとインストール画面が出てきますので、ライセンス条項を確認しインストールしましょう。

インストールが完了すると、「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」の右隅上に、[緑色の●にチェック]のインストール済みのアイコンが表示されます(図2)

図2 「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」のインストールが完了した
図2 「Bing Maps SDK for Windows 8.1 Store apps」のインストールが完了した

インストールが完了すると[今すぐ再起動]と表示されるので、VS2013を再起動しましょう。

参照設定

次に、ソリューションエクスプローラー内の「全てのファイルを表示」をクリックして「参照の設定」を表示させます。「参照の設定」を右クリックして表示されるメニューから「参照の追加」を選択し、参照マネージャーの左端に表示されている「Windows」の中の「拡張」をクリックします。表示される「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package」を選択し[OK]をクリックします(図3)。

図3 「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package」を選択する
図3 「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package」を選択する

すると、ソリューションエクスプローラーの「参照設定」の中に、「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package」が追加されます。しかし、先頭に黄色い▲アイコンが表示されてまだ使用不可となっています。

「構成マネージャー」の設定

Bing Maps SDKを使用できるようにするには、VS2013のメニューから[ビルド]ー[構成マネージャー]と選択します。「プラットフォーム」がAny CPUになっているので、プルダウンメニューから、該当するプラットフォームを選択します。筆者の環境では×86を選択しました(図4)。[閉じる]ボタンをクリックすると、ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」にあった「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package 」の先頭の黄色いアイコンが消えています。これでBing Maps SDKが使用できるようになりました(図5)。

図4 プラットフォームをx86に設定した
図4 プラットフォームをx86に設定した
図5 「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package 」の先頭の黄色いアイコンが消えて使用可能になった
図5 「Microsoft Visual C++ 2013 Runtime Package 」の先頭の黄色いアイコンが消えて使用可能になった

Bing Mapsコントロールが使用できるようになったので、次はBing Mapsキーを取得しましょう。

Think IT会員限定特典
  • Bing Mapsで地図を表示させるプログラム

    『Windows ストア アプリ 100行プログラミング』 第6回のサンプルプログラムです。
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています