PR

【マンガ】第14話 フリーランスのススメ(その6)~僕に仕事が来ない理由(後編)~

2017年2月13日(月)
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター(兼漫画家)、高田ゲンキが送るコミックエッセイ
『ライフハックで行こう!』、第14話です(第13話はこちら)。

シリーズでお送りしている、『フリーランスのススメ』編。今回は、「僕に仕事が来ない理由」がとうとう明らかに――

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

仕事が来なければ「営業」をするべし!

ビジネスのイロハが分かっている人からすれば当然すぎる話ですが、意外とこの「営業の重要性」を分かっていない、あるいは分かっていてもやろうとしない人が多いんです(若い日の僕を含め……)。

特に当時のイラストレーター業界において、あくまで僕の知る限りですが「必死に営業をしたことはないが、なんとなく仕事が来るようになって食えている」という脱力系のスタンスがカッコイイとされる美学が暗黙のうちにあり、できることなら僕もそんな風に涼しい顔をして仕事をもらえるようになりたいと心のどこかで思っていたのでした。それがマンガの「シンガーソングライターになりたいとして……」というたとえ話なわけですが、マスターが言う通り、そんな誰も気にしないような小さな部分で格好つけているうちは、プロになんてなれっこないんです。

のちに仕事が回ってくるようになって、自分より若い世代の人たちから相談を受けるようになると、やはり当時の僕のように小さなところで格好つけて営業をしない(そして仕事が来ない)人が多く、そのたびに当時の自分を棚に上げて「営業すべし!」と言っています(笑)。

そんな訳で、次回以降は僕が駆け出しの頃にどんな風に営業をしたかを描いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!

【マンガ】第15話 フリーランスのススメ(その7)~営業先の見つけかた~を読む


シェアしてください!

このマンガを読んで面白いと思っていただけたら、ぜひSNS等でシェアしてしていただけると励みになります(もちろんこれも営業ですっ! いまも、カッコつけていられないんです! よろしくお願いします)!

また、過去のエピソードはこちらからご覧いただけます。

シェアはこちらから↓。

著者
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。ご意見、ご感想、応援のメッセージはこちらから。Twitter(@Genki119)でマンガ更新の告知や、おまけマンガを更新中! 是非フォローしてください!

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています