PR

【マンガ】第30話 フリーランスのススメ(番外編)~僕がフリーランスになった理由(その2)~

2017年10月22日(日)
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター(兼漫画家)、高田ゲンキが送るコミックエッセイ
『ライフハックで行こう!』、第30話です(第29話はこちら)。

今回も番外編。僕がフリーランスになろうと思った2つ目のきっかけの話です――


reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

reactive-lightbend-platform

前回の第29話に引き続き、番外編として『僕がフリーランスになった理由』第2弾をお届けしました。

祖父はなぜ僕に収入額を聞いたのか?

最初に補足しておきたいのは、祖父は決して収入額で人の価値を決めるような人ではなかったということです。では、この時どうして言葉を失くすほどショックを受けたかというと、それは特に距離が近く仲が良かった孫の僕に特別な期待があったからです。マンガでも説明したとおり、祖父は大手建設会社で土木建築の第一人者として活躍した、言わば「誰もが認める仕事のできる人」でしたが、そのキャリアはエリート街道まっしぐらというわけではなく、かなり泥臭く努力した結果だったそうです。そして、祖父は僕に対して自分と何か近いものを感じており、同じように這い上がって成功して欲しいという強い期待を抱いていたので、僕が会社員になったという話を聞いて「きっと能力を認められて、たくさん給料をもらっているに違いない」と収入額を聞くに至ったのだと思います。

結果としてこの時、僕は祖父の期待に応えられる状態ではなく、がっかりさせてしまったわけですが、その自分の不甲斐なさがその後の独立やキャリア形成のモチベーションになったので、前回の話と同様、あるいはそれ以上に、この時の祖父の質問には感謝しています。

"誰かの期待に応えるために行動をする"のは正しいことか

ところで、今回の話のように"誰かの期待に応えるために行動をする"のは正しいことかというと、必ずしもそうでもないと思っています。では、この時の僕がどうして祖父の期待に応えたいと思ったかというと、それは勿論祖父のことが大好きだったからということもありますが、それだけでなく下記のような理由もありました。

  1. 僕自身も当時の状況に満足していなかったから
  2. 祖父が僕のやりたい分野で成功することを望んでくれていたから
  3. 祖父は僕が小さい頃から僕が絵やマンガを描くことを応援してくれていたから

マンガの2ページ目にも描きましたが、祖父は定年後も毎日家で仕事をしており(定年後も相談役として会社に残り、現役の頃と変わらず仕事をこなしていたそうです)、祖父の部屋には製図のためのたくさんの画材やコピー機などがあったのですが、漫画家を目指していた僕を理解してくれていた祖父は、小学生だった僕にその画材やコピー機を惜しげもなく自由に使わせてくれたのでした。また、知的好奇心旺盛な祖父は部屋に百科事典等の書物をたくさん持っており、僕はいつもそれらの書物で見たものを絵に描いたものでした。もし祖父が僕に「土木設計士になって欲しい」という期待を抱いていたら、いくら大好きな祖父の期待でも応える努力さえしなかったと思います(努力をしてもなれなかったでしょうし…)。幼い頃から僕のことを理解して応援してくれた祖父の期待だったからこそ、僕は何とか応えたいと思ったのです。

親の期待に応えずに好きなことをするには?

本題からは少し外れますが、僕のマンガやブログの若い読者から相談を受けると「親の期待に応えたいけど、自分がやりたいことと親が望んでいる事が違って困っている」というような悩みを抱えている人が多いのですが、このようなケースに関して基本的に僕は「親の期待など気にせず、裏切っても良いから好きなことを思い切りやるべき」とアドバイスすることにしています。なぜなら、その期待には相手への理解や応援が含まれていないからです。理解や応援が含まれていない期待はただの押しつけに過ぎないので、応える努力をする必要はありません。もちろん、親の期待を裏切って好きなことをするのは困難も多いです(僕も若い頃は親と意見が合わない時期が長かったので、そういう悩みは分かります)。しかし、実はたいていの親が心配しているのは「どの職業か」ではなく「いくら稼げるか」ということなので、頑張って自分がやりたい仕事で人並み以上に稼げるようになれば、ほとんどの親はそれ以上何も言わなくなります。つまり、親の期待には「職種」ではなく「収入額」で応えれば良く、「稼いでもないうちから親に自分のやりたいことを応援してもらう」ことは諦めて、「一日も早く好きな仕事で身を立てて、親も認めざるを得ない状況を作る」ことを目標に頑張れば良いだけなのです。

さて、2回続いた番外編でしたが、次回からは本編に戻る予定です。お楽しみに!(…と言いつつ、1回お休みをいただきます!)

次回の第31話は11月19日(日曜日)更新予定です!

シェアしてください!

このマンガを読んで面白いと思っていただけたら、ぜひSNS等でシェアしていただけると励みになります!

また、過去のエピソードはこちらからご覧いただけます。

シェアはこちらから↓。

著者
高田 ゲンキ(たかた・げんき)
ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。ご意見、ご感想、応援のメッセージはこちらから。Twitter(@Genki119)でマンガ更新の告知や、おまけマンガを更新中! 是非フォローしてください!

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています