PR

緊急時に対応する救急指定病院の検索アプリを作る

2013年8月15日(木)
薬師寺 国安

もしも、家族が予期しない大怪我をしてしまったり、急な対応が必要な病気にかかってしまった場合、あなたはどうしますか?患者の容態を把握して救急病院に連絡しようにも、うまく探せずにパニックになってしまう・・、そんな事態が考えられるのではないでしょうか。

今回のサンプルでは、そんな時に役立つ、近所の救急病院を探すプログラムを作ります。

マウスの右クリックで表示されるバーに表示される選択ボックスから任意の都道府県を選択し、入力ボックスに市区町村を入力します(図1)。「Yes」ボタンをタップすると、入力した地域の、救急指定病院に関するデータがタイルで表示されます(図2)。タイルの日付かタイトル部分をタップすると、詳細データがWebブラウザ内に表示されます。概要の部分をタップしても何も起きませんので注意してください。

このサンプルは1920×1080、1371×771(Sony VAIO Duo 11の解像度)、1366×768、1024×768の解像度に対応させています。

図1:都道府県と市区町村を入力した(クリックで拡大)
図2:救急指定病院の情報がタイルで一覧表示されている(クリックで拡大)
図3:任意のタイルをタップして、病院に関する情報がWebBrowserに表示されているる(クリックで拡大)

実際に動かした動画は下記のようになります。スマホで撮影した動画のため、見難い点はご了承願います。

サンプル一式は以下よりダウンロードできます。
→ 救急指定病院を検索するプログラム(3,091KB)

プロジェクトの作成

VS 2012のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]と選択します。次に、「テンプレート」から「Windows ストア」を選択し、右に表示される項目名から「新しいアプリケーション(XAML)」を選択します。
「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「DestinatedHospitalEmergency」という名前を付けています。ソリューションエクスプローラー内のDestinatedHospitalEmergencyプロジェクトの配下に、リスト1のXML文書ファイル(pref.xml)を取り込んでおきます。

リスト1 XML文書ファイル(pref.xml)

<?xml version="1.0"?>
<一覧>
  <都道府県>北海道</都道府県>
  <都道府県>青森県</都道府県>
  <都道府県>岩手県</都道府県>
  <都道府県>宮城県</都道府県>
~<都道府県></都道府県>繰り返し~
</一覧>

NuGetパッケージの管理

今回はCodePlexで公開されている、WinRT XAML Toolkitに含まれているコントロールを使用します。WinRT XAML Toolkitについては下記のURLを参照してください。この原稿執筆時点でのバージョンは1.3.5となっていますが、現在のバージョンは1.3.6 です。
→ WinRT XAML Toolkit

WinRT XAML Toolkitをインストールするには、ソリューションエクスプローラー内の「すべてのファイルを表示」して、表示された「参照設定」の上でマウスの右クリックをします。「NuGetパッケージの管理(N)」が表示されます。

表示される画面の左に表示されている、「オンライン」を選択し、検索欄にWinRTXamlToolkitと入力します。するとWinRT XAML Toolkitの[インストール(I)]画面が表示されますので、インストールをクリックします。

インストールが成功するとインストール済みのチェックアイコンが表示されます。

[閉じる]ボタンをクリックして画面を閉じます。ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」を見るとWinRTXAMLToolkitが追加されています。同時にWinRTXAMLToolkitの情報が記述された、packages.configも作成されます。
もし、WinRT XAML Toolkitを削除して、再度「NuGetの管理(N)」からインストールしようとしても、このpackages.configが存在していると、インストール済みとなってしまいますので、このファイルも削除する必要があります。

詳細については、前回の「現在位置からの宿検索」を参照してください。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています