PR

79ドルで遊べる3Dモーションセンサーがやってきた!Leap Motion Controllerレビュー

2013年8月17日(土)
藤原 敬弘

Leap Motion Orientationで遊ぶ

本体に http://leapmotion.com/setup にアクセスして、アクティベートしてね、とあるので、ブラウザで開いてみます。

(クリックで拡大)

どうやら、まずはソフトウェアをダウンロードする必要があるようです。筆者はMacユーザなので、右側のMac Downloadをクリックします。

76.4Mバイトと少し重たいので、ダウンロードに時間がかかります。ダウンロードページにはGet Startedの動画が掲載されています。これはダウンロードの待ち時間を潰すのに良い仕組みですね。こういったソフトウェアのダウンロードページを作った際には真似したいと思います。

(クリックで拡大)

> Getting Started With Your Leap Motion Controller - Mac

ソフトウェアのダウンロードが終わったらインストールします。ここも特に難しい作業はありません。いつものインストール手順通りに進めて下さい。

(クリックで拡大)

今さらな感想ですが、右側に表示されるLeap Motionのロゴはカッコイイですね。ウェブページや、Leap Motion Controller本体、箱を含めて、綺麗で洗練されているイメージが好印象です。

インストールが完了するとLeap Motion Orientationが楽しめます。

(クリックで拡大)

これもいちいちカッコイイです。もちろん、全て3Dでトラッキングしている手を綺麗に表示してくれます。手を一定時間トラッキングさせないと、次のサンプルに切り替わります。

このオリエンテーションが終わると、Leap MotionのストアであるAirspaceを開くことができます。

(クリックで拡大)

会員登録が必要なので、必要な項目を入力して、登録を完了させます。

(クリックで拡大)

Airspaceにログインすると、アプリのダウンロードが勝手に始まります。ちなみに、先ほどのLeap Motion Orientationは1つのアプリとして登録されており、ここから再度開くことができるようです。

(クリックで拡大)

せっかくなので他のアプリをダウンロードして遊んでみましょう。左上のAirspace Storeをクリックすると、Webブラウザが起動し、Airspace Storeのページが開きます。ここでは筆者の好きなゲームであるCut the Ropeをダウンロードします。

(クリックで拡大)

アプリストアも、リリースされたばかりとは思えないクオリティで非常に綺麗です。検索してCut the Ropeのページにたどり着いたら、右上のDownloadボタンを押します。パスワードを求められるので、先ほど登録したパスワードを入力します。すると、ブラウザからAirspaceのアプリに自動的に戻ります。

(クリックで拡大)

このようにダウンロードが開始していれば問題ありません。3-5分ほど掛かるので、お茶でも飲みながら待ちます。ダウンロードが完了している他のデモで遊ぶもの良いかもしれません。

Cut the Ropeがダウンロードできたので起動してみます。起動すると、いつもの音楽と共に全画面でゲームが立ち上がります。メニューを選択するには、メニューの上でカーソルを一定時間止めて下さい。カーソルの色が緑色に溜まっていき、満タンになると次の画面に移ります。

(クリックで拡大)

Cut the RopeをLeap Motion Controllerでやってみた印象ですが、正直いって難しいです。原因の1つは、Leap Motion Controllerの認識範囲が把握できないこと、もう1つはカーソルと自分の指の位置をうまく認識できないことです。これらのせいで、うまくロープを切ることができません。スマホ版の2倍ぐらい攻略に時間がかかりそうです。さらに言えば、支えもなく腕を上げているのも結構、疲れます。これはただの運動不足かもしれませんが。

Leap Motionの初回レビューとしてはこんなところでしょうか。

購入フローやAirspaceの仕組みなど、Leap Motion Controllerを支える仕組みは非常によくできています。ロゴやサイトを含めたブランドイメージも素晴らしいと感じました。しかし、Leap Motion Controller本体をどのように使うかは、まだまだ模索段階だと思います。今回、遊んだCut the RopeもLeap Motion Controllerで遊ぶものではないと感じました。

ただ、これは別にLeap Motion Controllerを批判しているわけではありません。新しいデバイスは、モノの作り手が面白い使い方を見つけていくものです。そのためのアプリストアの仕組みが予め用意されている点や、今回触れなかった開発者向けのドキュメントやSDKが充実している点は非常に評価できます。個人的にはOUYAと組み合わせて面白いゲームを作れないかな、と妄想しております。

せっかく、これだけ質の良いデバイスを安く、しかも簡単に手に入れることができるので、皆さんもLeap Motion Controllerで何か作ってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

leapmotion.com

(リンク先最終アクセス:2013.08)

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています