PR

乗り換え必須!Flash CS4新機能徹底解剖

2009年1月23日(金)
加茂 雄亮

オブジェクトベースのモーショントゥイーンとは?

 Adobe Flash CS4は、今までのFlashアニメーション制作の根本を覆しかねない変更となるかもしれません。

 それはFlash CS4になって、モーショントゥイーンがオブジェクトベースになったことがその要因ですが、恐らく、多くのCS3以前のユーザーが戸惑うことになりそうです。しかし、この変更には多くのメリットが隠されています。その秘密を解き明かすのがモーションプリセットです。

 モーションプリセットには、デフォルトプリセットとして多くのモーションパターンが登録されていて、これをインスタンスに適用することで、モーションを付与することができるようになりました。そしてプリセットには、ユーザーが登録することももちろん可能です。つまり、モーションを保存することができ、使い回すことができるようになったのです。

 今まで、モーションとインスタンスは常に一体でした。CS3以前では、トゥイーンはキーフレームそのものに定義されていましたが、CS4では、オブジェクトベースになったことでこれらを切り離すことが可能になりました。これにより、モーションの使い回しが可能になります。しかし、それだけに変更も多いのも事実です。

 今回はモーショントゥイーンを定義する上で、重要なキーワードをまとめてみました。

新モーショントゥイーンを押さえる!5つの機能

 新しいモーショントゥイーンを紹介する上で、重要な機能は以下の5つになります(図1)。

・フレームスパン
・キーフレームとプロパティキーフレーム
・モーションパス
・モーションエディタ
・ロービング

 フレームスパンとは、キーフレームを1つ以上含んだ一連のトゥイーンのことを指します。CS3までは、トゥイーンを一度定義してしまうとトゥイーンにかかる時間を調節することが、非常に面倒でしたが、CS4からはフレームスパンの最後部を引っ張ることで、トゥイーンにかかる時間の長さを相対的に調節できるようになりました。

 今までのキーフレームとは変わり、いわゆるターゲットオブジェクトを含むキーフレームは、トゥイーンの先頭のみに配置され、プロパティの変更を定義するキーフレームはプロパティキーフレームとして各フレームに配置されます。つまり、プロパティキーフレームにはターゲットオブジェクトが一切含まれないため、削除してもターゲットオブジェクト自体がステージから消えることはありません。しかし、空のキーフレームはフレームスパンの先頭をのぞき、挿入することができず、空のキーフレームを挿入する際には、一度そのフレームスパンを区切り、新しいトゥイーンを定義する必要があります。

 モーションパスは、CS3以前で言うところのモーションガイドに該当します。基本的なトゥイーンの挙動は、ターゲットオブジェクトをドラッグすることで可能ですが、細かな動きに関してはステージ上のモーションパスを用いて制御することになります。このパスはベジェ曲線のため、Illustratorなどで描いたものをFlashに持ち込むということも可能です。

 モーションエディタとは、キーフレームにおける各プロパティ・イーズの制御をつかさどるエディタです。モーションパスを描かなくても、モーションエディタのみでトゥイーンを作成することも可能です。かなり細かく調整できるため、一見分かりづらく、習得には時間がかかってしまうかもしれませんが、その価値は十分にあると言えるでしょう。

 トゥイーンオブジェクトを別フレームの別の位置にドラッグしてステージ上のモーションパスを編集した場合に、モーションがほかのセグメント(部分)よりも速い、または遅いパスセグメント(プロパティキーフレーム間)が作成されることがあります。これは、パスセグメント内のフレーム数がほかのセグメントよりも多い、または少ないためにおこるのですが、ロービングを行うことでトゥイーン全体でアニメーションの速度を統一することができる。

Think IT会員限定特典
  • 「乗り換え必須!Flash CS4新機能徹底解剖」サンプルプログラム(1)

  • 「乗り換え必須!Flash CS4新機能徹底解剖」サンプルプログラム(2)

株式会社ロクナナ
ActionScriptを伴うFlashコンテンツやXHTML+CSS+JavaScriptによるAjaxコンテンツなどのRIA開発に従事。Flash/ActionScript 3.0やXHTML+CSSに関する講義・執筆活動にも取り組んでいる。http://www.rokunana.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています