PR

これまでと操作方法が異なるWindows 8のおさらいと開発環境の構築

2012年10月19日(金)
薬師寺 国安

みなさん、こんにちは。PROJECT KySSの薬師寺国安です。今回の連載では、Windows ストアアプリのサンプル紹介をしていきたいと思います。まずは手短にWindows 8、Windows ストアアプリ、開発環境について解説いたします。

Windows ストアアプリは一時Metroスタイルアプリと呼ばれていましたが、「Metro」という言葉の使用が停止され、Windows ストアアプリに訂正されました。この原稿執筆時点(2012年8月末)では、Microsoftからの公式発表はありませんが、Visual Studio 2012のテンプレートの中でもWindows ストアの文字が使われ、サンプルページでもWindows ストアアプリの名称が使用されていますので、今回の連載ではWindowsストアアプリと呼ばせていただきます。

Microsoftのサイトでも、まだMetro スタイルアプリといった名称が残っているサイトがありますが、徐々にWindows ストアアプリの名称に変更されていくものと思われます。

Windows 8 とVisual Studio 2012の評価版のダウンロード

Microsoftは米国時間8月15日(日本時間8月16日)、MSDNおよびTechNetの加入者向けにWindows 8のRTM版の配布を開始いたしました。一般向け発売は2012年10月26日になります。残り1週間でWindows 8の環境を手に入れることができます。現在下記URLにて予約販売がなされています。
 → Windows 8の特別販売ページ

それまで、待ちきれなくて、「Windows 8」を早く試してみたいという方には、90日間の評価版が下記のURLからダウンロードできます(図1)。ダウンロードするにはWindows Live IDが必要ですので。取得されていない方は取得してダウンロードしてください。

図1:Windows 8の評価版がダウンロードできる(クリックで拡大)

このWindows 8の評価版には下記の注意事項があります。

Windows 8 評価版の注意事項

  • 評価版には有効期限があり、アップグレードはできません。アップグレードするには、評価版をアンインストールしたのち、「Windows」の正式版を元のインストールメディアから再インストールする必要があるがあります。
  • 評価版は仮想環境で実行するか、別のハードディスクまたは別のパーティションにインストールすることを推奨します。そうすれば、現在インストールされているWindowsをWindows 8にアップグレードすることができるようになります。
  • 登録(必須)時には、Microsoftのアカウントでログインし、名前、メールアドレス、国を入力する必要があります。
  • インストール後10日以内に、製品をオンラインでアクティベートする必要があります。
  • 評価版をいったんインストールすると、アップグレードはでません。Windowsの以前のバージョンに戻すには、元のインストールメディアからのクリーンインストールを実行する必要があります。

上記のような注意事項がありますので、必ず自己責任でインストールしてください。

Microsoft Visual Studio Express 2012のダウンロード

Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows 8 を下記URLよりダウンロードすることができます(図2)。
→ Windows ストア アプリ プログラミングの開発者向けダウンロード

デフォルトでは英語版になっていますので、日本語をダウンロードしたい場合は、「詳細情報および他の言語を入手する」をクリックして日本語版をダウンロードしてください。このMicrosoft Visual Studio Express 2012を使用する場合は、最初に、Windows 8 RTM をインストールしておく必要があります。

Visual Studio 2012をインストールしましたら、ヘルプ(H)から「製品の登録(P)」をしておくようにしましょう。

図2:Microsoft Visual Studio Express 2012がダウンロードできる(クリックで拡大)

Windows ストア アプリとは

Windowsストア アプリとは、Windows 8用アプリケーションの呼称を指します。Windows 8では、従来型のデスクトップ環境で利用してWindows 7との互換性を保つ、「デスクトップアプリ」と、「WinRT」と呼ぶアプリケーション実行環境で動く「Windowsストアアプリ」の2種類が利用できます。

今回の連載は、Visual Studio 2012を使って、「WinRT」と呼ぶアプリケーション実行環境で動く「Windowsストアアプリ」を作っていきます。

筆者の開発環境はWindows 8 Enterprise 64ビット+Visual Studio 2012 Ultimateです。

Windows 8の特徴と使い方

Windows 8では、Microsoftが2011年08月に発売したスマートフォン「Windows Phone 7.5」(auの「IS12T」)で採用した、WindowsアプリのUIをWindows 8のOSにも取り入れています(図3)。

図3:WindowsアプリのUIを取り入れたWindows 8(クリックで拡大)

このWindowsストアのUIを採用することで、Windows 8の起動画面が一変しました。これまでのWindowsを起動すると「デスクトップ」画面が表示されましたが、Windows 8では「スタート」という画面が最初に表示されます(図3参照)。

このスタート画面には、正方形や長方形をしたカラフルなアイコンが並んでいます。Windows 8では、このアイコンを「タイル」と呼びます。タイルとは、オンラインサービスのリンクやアプリケーションを起動させる「ショートカット」のようなものです。クリックすると、地図やメール、カレンダーなど、Microsoftが運営するホームページが開いたり、Internet Explorer 10やゲーム、自分でインストールしたアプリケーションが起動します。

スタートから起動したアプリケーションは、全画面(デスクトップ全体)で表示されます。複数のWindowsを並べ、切り替えながら操作する従来のデスクトップとは、この点が大きく異なります。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています