PR

簡単!?iPhone対応サイトの構築方法

2008年10月24日(金)
松本 庄司

iPhoneはケータイのような画面のウルトラモバイルPC

 前回(http://www.thinkit.co.jp/article/146/3/)は主にHTMLやCSS、サイトデザインについて紹介しました。今回はもう少しシステム寄りの「作り方」の紹介をします。

 大前提としてご理解いただきたいことは、iPhone用のサイトというのはシンプルなPC向けのページである、ということです。

 ウィンドウ幅が基本320px(デフォルトでは980pxを縮小)のSafariが積んであり、Wifiでも3G回線でも通信できる、メモリ128Mの非力なPCです。標準的なHTMLやJavaScript、CSSも使えます。きちんとSafariに対応しているAjaxのライブラリ群も動作します。Safari Web Content Guide for iPhone(http://developer.apple.com/documentation/AppleApplications/Reference/SafariWebContent/CreatingContentforSafarioniPhone/chapter_2_section_13.html#//apple_ref/doc/uid/TP40006482-SW21)にあるように、一応XHTMLモバイルプロファイルには対応しているようですが、「モバイルWeb構築の最新潮流:第2回(http://www.thinkit.co.jp/article/145/2/2.html)」によれば、日本の場合はキャリア依存のようです。

 逆に、ケータイにあるようなインターネットゲートウェイからのキャリア判断、端末固有IDや衛星利用測位システム(GPS)情報の取得はできません。iPhoneの3G回線用のゲートウェイはpanda-world.ne.jpですが、Wifi経由での接続ではもちろん使われませんので、通常のPCと同じくUserAgentで対応しておきましょう。筆者の場合は、UserAgentに「Mobile」「Safari」が入っていればiPhoneとおおざっぱに判定しています。

株式会社モディファイ
CTO。ProjectVine、もじら組などオープンソース系コミュニティーでの活動後、大手SIerにてJavaによるアプリケーションフレームワークの構築を手がける。ベンチャーインキュベータを経て、現在は株式会社モディファイにてJavascript/CSSと格闘する毎日。http://www.modiphi.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています