TOP比較データ> BIツール統合化の背景




統合化BI
統合化が進むBIツール

第1回:なぜ今、BI統合化なのか
著者:アイエイエフコンサルティング  平井 明夫   2006/03/06
1   2  3  4  次のページ
BIツール統合化の背景

   現在までのBIツールは、「OLAP分析」「C/S型検索・レポーティング」「Web検索・レポーティング」「ダッシュボード・ポータル」「スコアカード」とその機能範囲を次々と広げてきました。

   その結果、1つの企業内で複数のBIツールが使用される、あるいは同一ベンダー製品であってもアーキテクチャが異なるなどの理由により、ITガバナンスやTCOの面で問題がでてきました。

   しかしここにきて、ベンダー各社はこの問題への回答といえる統合化されたBI製品を相次いで市場に投入してきています。

   この連載では、主要なBIベンダーによって各社の統合BIツール製品の特徴が解説されますが、連載第1回の今回は基礎知識として、まずはこのBIツール統合化に至る背景について説明します。


BIツールの起源(パワーユーザのためのBI)

   「エンドユーザがIT部門の助けをかりずに、自らデータを分析し、ビジネスに活用する」というBI(ビジネス・インテリジェンス)の概念は、1990年代初頭に登場しました。当時はクライアント・サーバ(C/S)のシステム・アーキテクチャが全盛で、サーバにデータを統合し、クライアントに高度な分析機能を持つBIツールを導入し、エンドユーザが自らデータを分析するという初期のBIツールのアーキテクチャはこの時流にそったものでした。

   したがって初期のBIツールは、ユーザインターフェースも大変凝ったもので、使いこなせるユーザであれば、非常に高度な分析ができるようにデザインされていました。

   この頃のBIツールの分析機能の中核はOLAP分析と呼ばれるもので、論理的または物理的に多次元に構造化されたデータベースを、ドリルダウン/スライシング/ダイシングという3つの分析操作で検索し、データ分析を行うというものでした。

3つのOLAP分析操作
図1:3つのOLAP分析操作

   ユーザインターフェースもダブルクリック・ドラグアンドドロップといった、当時ではまだ目新しかった高度なマウスによるユーザ操作をフルに活用したものとなっていました。

   このような背景で登場したBIツールは必然的に、エンドユーザの中でもパワーユーザと呼ばれる日常業務の中で、データ分析を定常的に行うユーザが主なユーザとなりました。また分析対象データも、ヒストリカル(時系列的)に蓄積されたデータが中心で、このようなデータの蓄積のために必要となる大規模データベースが、データウェアハウスとして積極的に導入されたのもこの時代でした。

   この当時の代表的なBIツールは、販売分析と呼ばれるもので、販売実績の個数や金額を長期間に渡って蓄積し、マーケティングや営業企画担当者が、製品の売れ方の背景にある問題点や、売れ筋の特徴などを見つけ出し、次の販売計画に活用するという内容でした。

   また、データマイニング技術を併用し、顧客属性データやPOSデータを利用し、顧客の購買行動を分析するというBIアプリケーションも、小売流通業を中心に盛んに導入されました。

1   2  3  4  次のページ


アイエイエフコンサルティング
著者プロフィール
株式会社アイエイエフコンサルティング  平井 明夫
日本DEC(現HP)、コグノス、日本オラクルを経て現職。一貫してソフトウエア製品の開発、マーケティング、導入コンサルティングを歴任。特に、データウエアハウス、BI、OLAPを得意分野とする。現職についてから、BIスペシャリストの人口が増えない現状に発奮し、BI技術の啓蒙のため、雑誌・Web媒体の記事執筆に積極的に取り組んでいる


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:なぜ今、BI統合化なのか
BIツール統合化の背景
  BIツールの発展(全てのユーザのためのBI)
  BIツールの拡張がもたらした問題点
  企業内BIツール標準化への流れ
統合化が進むBIツール
第1回 なぜ今、BI統合化なのか
第2回 データを中心に統合化するOracle
第3回 オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
第4回 ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
第5回 End To Endの包括的なBI・EPMを提供するBusinessObjects XI
第6回 統合マネジメントシステムを実現するBIプラットフォーム
第7回 統合化のメリットと各社の特徴
関連記事 : システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
第1回 BIの世界を体験する−イントロダクション  オープンソースBIツールOpenOLAP
第2回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(1) BIシステム導入の目的
第3回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(2) BIシステムのアーキテクチャ
第4回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(3) データベースとBIツール
第5回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(4) BI構築プロジェクトの進め方
第6回 BIシステムをつくってみる−実践編(1)設計−導入計画と要件定義
第7回 BIシステムをつくってみる−実践編(2)設計と構築
第8回 BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
第9回 BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
第10回 BIシステムをつくってみる−実践編(5)機能拡張プロジェクト
第11回 BIシステムの構成を決める−製品選択編(1)BIツール選択のポイント
第12回 BIシステムの構成を決める〜製品選択編(2)BIツール選択(続き)とデータベース選択のポイント
関連記事 : BIツール選択に失敗しないために
第1回 BIツール選択の基本は、分類すること
第2回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(前半)
第3回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(後編)
第4回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(前半)
第5回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(後半)
第6回 モニタリング・ツールの選択〜経営者が必要とする表現力をチェック(前半)
第7回 モニタリング・ツールの選択〜経営者の必要とする表現力をチェック(後半)