TOP比較データ> ハイペリオンにおける「BI統合化」の考え方とビジネス・パフォーマンス・マネジメント




統合化BI
統合化が進むBIツール

第4回:ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
著者:ハイペリオン・ソリューションズ  工藤 啓介   2006/3/27
1   2  3  次のページ
ハイペリオンにおける「BI統合化」の考え方とビジネス・パフォーマンス・マネジメント

   いきなりハイペリオンにおける「BI統合化」というテーマに入る前に、ハイペリオンという企業がどういう発展を遂げてきているかについて、まず簡単に説明します。

   この記事を読んでいる皆様は、「ハイペリオン」と聞くと何を思い浮かべますか。

   「連結ソフトウェア」という方が多いかもしれません。あるいは「Essbaseって確かハイペリオンがだしているんじゃなかったっけ?」、さらにBIに詳しい方なら「確かブリオってハイペリオンが買収したんだよね」とご存知の方もいるかと思います。また、経理・財務系アプリケーションに通じている方なら「ハイペリオンは予算アプリケーションも売っていますよね」と考えてくれるでしょう。

   では今、ハイペリオンは何を目指して進んでいるのでしょうか。

   実は、ハイペリオンは4年ほど前から「ビジネス・パフォーマンス・マネジメント」というコンセプトを提唱し、製品の開発を進めています。ハイペリオンがこのコンセプトを発表したのとほぼ同時期に、米国の調査会社であるガートナー社が、ビジネス・パフォーマンス・マネジメントとほぼ同じ概念であるCPM(コーポレート・パフォーマンス・マネジメント)の登場に関する調査を発表しました。

   手前味噌になりますが、この事実そのものが、ハイペリオンが業界で1歩も2歩も先んじて製品開発を進めている証といってもよいかもしれません。


BIとビジネス・パフォーマンス・マネジメント

   では、その「ビジネス・パフォーマンス・マネジメント」とは何でしょうか。ビジネス・パフォーマンス・マネジメントとビジネス・インテリジェンス(BI)はどういう関係にあるのでしょうか。

   ビジネス・パフォーマンス・マネジメントとは、「KPI(重要業績指標:Key Performance Indicator)に代表されるような様々な経営情報を、統合的かつ多角的に管理・分析するプロセスと方法論、ならびにそれらを具現化するソリューションの総称であり、あらゆる部門のユーザがビジネス・パフォーマンス・マネジメントを経営管理に幅広く活用することで業績の改善と透明化の両方を実現することができる」と位置づけています。

経営管理サイクルを支えるBPM
図1:経営管理サイクルを支えるBPM
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   とりわけ、以下の項目に対して力点を置いており、業務プロセスを直接提供する基幹系・ERPソリューションとは異なる、経営管理サイクルを支援するソリューションです。

  • 経営・戦略的財務シナリオのシミュレーションと予算編成を含む計画フェーズ・予測フェーズの支援
  • 連結ベースでの経営管理と同時に各種コンプライアンスへの対応・ディスクロージャ・経理情報の透明化を支援する連結レポーティングの提供
  • 事業・製品・サービス・顧客収益性の適切な把握を可能とする収益性分析シミュレーションの提供
  • 経理財務の先行指標である業務指標を含めたKPIの可視化を実現するダッシュボードと戦略マネジメントのためのスコアカードの提供

表1:ハイペリオンが注力するビジネス・パフォーマンス・マネジメントの内容

   その一方で、BIは通常のエンドユーザが企業システムに蓄積された情報を活用するためのテクノロジーとして発展してきました。多くの方がご存知と思いますが、中でも検索・レポーティングと多次元分析(OLAP)については様々なエンドユーザの意思決定支援に活用されています。

   このBIテクノロジーが、ビジネス・パフォーマンス・マネジメントを実現する上で重要な要素技術となっていまです。ビジネス・パフォーマンス・マネジメント・ソリューションはエンドユーザ主導型の情報系システムといえますが、BIテクノロジーが持っている検索、レポーティングや多次元分析といった技術は、まさにビジネス・パフォーマンス・マネジメント・ソリューションが求める要件でもあります。

   逆にいえば、BIの下地があってこそ、ビジネス・パフォーマンス・マネジメント概念を打ち出すことができた、ともいえます。

1   2  3  次のページ

ビジネス・パフォーマンス・マネージメント(BPM)ソリューション

経営管理サイクルを、戦略・目標設定、シミュレーション・モデリング、計画・予算策定、現状の把握と評価、分析、レポーティングの6つのステップにわたって総合的に支援するハイペリオンのBPMソリューション。

http://www.hyperion.co.jp/products/index.html

BPM(総合的な業績管理)の基盤となるBIプラットフォーム

BPMの中でも高度な分析能力を持った多次元DBのHyperion Essbaseと、操作性に優れた検索・レポーティングおよびダッシュボード機能を主に提供するHyperion Performance Suiteにより企業の可視化を支援。

http://www.hyperion.co.jp/products/bi_platform/index.html
ハイペリオン・ソリューションズ 工藤 啓介
著者プロフィール
ハイペリオン・ソリューションズ  工藤 啓介
プロダクトマーケティングマネージャー、アジアパシフィック
ハイペリオンBPM/BI製品全般について、日本を含むアジア大洋州地域向けの製品計画、ローカライゼーション計画および販売促進に従事。日本電気(株)およびBI系ベンダーを経て2001年にハイペリオン(株)に入社、2002年より現職。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
ハイペリオンにおける「BI統合化」の考え方とビジネス・パフォーマンス・マネジメント
  従来型のBIが抱える問題点
  統合化がもたらすメリットとそのための機能
統合化が進むBIツール
第1回 なぜ今、BI統合化なのか
第2回 データを中心に統合化するOracle
第3回 オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
第4回 ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
第5回 End To Endの包括的なBI・EPMを提供するBusinessObjects XI
第6回 統合マネジメントシステムを実現するBIプラットフォーム
第7回 統合化のメリットと各社の特徴
関連記事 : システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
第1回 BIの世界を体験する−イントロダクション  オープンソースBIツールOpenOLAP
第2回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(1) BIシステム導入の目的
第3回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(2) BIシステムのアーキテクチャ
第4回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(3) データベースとBIツール
第5回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(4) BI構築プロジェクトの進め方
第6回 BIシステムをつくってみる−実践編(1)設計−導入計画と要件定義
第7回 BIシステムをつくってみる−実践編(2)設計と構築
第8回 BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
第9回 BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
第10回 BIシステムをつくってみる−実践編(5)機能拡張プロジェクト
第11回 BIシステムの構成を決める−製品選択編(1)BIツール選択のポイント
第12回 BIシステムの構成を決める〜製品選択編(2)BIツール選択(続き)とデータベース選択のポイント
関連記事 : BIツール選択に失敗しないために
第1回 BIツール選択の基本は、分類すること
第2回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(前半)
第3回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(後編)
第4回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(前半)
第5回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(後半)
第6回 モニタリング・ツールの選択〜経営者が必要とする表現力をチェック(前半)
第7回 モニタリング・ツールの選択〜経営者の必要とする表現力をチェック(後半)